ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年09月06日 16時34分 公開

ソニー、0.61インチに小型化した「SXRD」を実用化

ソニーは、プロジェクター用表示装置として世界最小を実現したという「0.61インチ フルHD SXRD」を開発した。プロジェクターのほか、リアプロへの搭載が予定されている。

[ITmedia]

 ソニーは9月6日、プロジェクター用表示装置として世界最小を実現したという「0.61インチ フルHD SXRD (Silicon X-tal Reflective Display)」を開発したと発表した。

photo 0.61インチフルHD(207万画素)SXRD (Silicon X-tal Reflective Display)

 新開発された0.61インチのSXRDは、既存のSXRD(0.78インチ)に比べて面積比で約40%の小型化を図りながらも、コントラスト比(5000:1)や反射率(74%)の向上を図り(従来品は3000:1/65%)、なおかつ応答速度も2.5ミリ秒と高速性も維持している。総画素数は207万画素で、1920×1080ピクセルの表示が行える。

 SXRDとは、2003年2月に同社が開発した反射型液晶ディスプレイで、アルミニウムミラーが配列された単結晶シリコンを駆動素子としている。画素間のピッチが非常に狭く、大画面でも高精細な映像を映し出すほか、薄い液晶セル厚と垂直配向液晶によって「高コントラスト」と「高速応答」も実現している。

photo SXRDの断面概略図

 小型化に際しては、駆動素子設計を最適化することによって画素サイズを9μメートルから7μメートルへと縮小させたほか、反射膜構造を新設計することによって、現行製品よりも小型化したにもかかわらず、反射率を向上させた。製造はソニーセミコンダクタ九州にて新設されたラインで行われ、2005年中には年間100万台の生産体制を整える予定となっている。

 このデバイスは12月10日より販売されるプロジェクター「VPL-VW100」に搭載されているほか、米国市場向けに今秋発売が予定されている50/60型プロジェクションテレビに搭載される予定となっている。

photo 今後のロードマップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.