ITmedia NEWS >
レビュー
» 2005年12月07日 18時29分 公開

レビュー:Theater Style:クラス超えた“お買い得な高画質”――三菱DLPプロジェクター「LVP-HC3000」 (3/4)

[本田雅一,ITmedia]

 シネマモード時は階調を多く見せるチューニングだが、ビデオになると階調を残しつつもハイライトとシャドウが目立つメリハリの利いた映像になる。この設定がまたよく、たとえば音楽ステージのライブなどで迫力のある映像を得られるはずだ。もちろん、フィルムソース向けのガンマ・シネマモード時には、映画の見秒な階調表現を素直に見せる。幅広い映像に合う懐の深さがあるのだ。

ガンマモードをシネマに設定

photo  
photo  
photo  
photo  
photo  
photo  ハイライトとシャドウの階調を重視した設定だが、素直な階調にもかかわらず、絶対的なコントラストの高さがあるためメリハリもしっかりとある。一方でシャープネスは適度でしっとり感がある。明るさを強調した絵作りではなく、色乗りもいい

ガンマモードをビデオに設定

photo  
photo  
photo  
photo  
photo  
photo  ハイライトとシャドウの階調は残しながら、ややトーンカーブが立った設定。よりメリハリ感が出る事に加え、画面全体の明るさ、元気の良さを感じるようになるが、一方で色の乗りはシネマよりも落ちる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.