ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年02月17日 17時37分 公開

デノン、高級機の特徴を備えたCDプレーヤー/レコードプレーヤー

デノンは高級機の特徴を受け継いだCDプレーヤーの入門機 「DCD-755AE」と、フルオートのレコードプレーヤー「DP-300F」を3月中旬より販売開始する。

[ITmedia]

 デノンは2月17日、エントリーモデルながらも高級機の特徴を受け継ぎ、コストパフォーマンスに優れるCDプレーヤー「DCD-755AE」とフルオートのレコードプレーヤー「DP-300F」を3月中旬より販売開始すると発表した。価格はいずれも4万5150円。

photo DCD-755AE(プレミアムシルバー)
photo DCD-755AE(ブラック)

 DCD-755AEは高級機「DCD-SA1」にも採用されている、独自のアナログ波形再現技術「AL24 Processing」を搭載したCDプレーヤー。AL24 Processingによるビット拡張によって、低レベル再生時の再現能力を高めている。D/Aコンバーターも24bitタイプが搭載されている。

 ボディのバランスを考慮し、CDドライブを本体中央に配置したほか、シャーシとドライブの中間にはボトムシャーシの剛性を高めるブラケットを追加した。「低インピーダンス化を実現する回路パターン」(同社)を実装したほか、金メッキ端子や材料を見直したACケーブルなどを使用し、音質の向上を果たしている。本体サイズは434(幅)×107(高さ)×279(奥行き)ミリ、4キロ。

photo

 DP-300Fも入門機と位置づけられながらも、4ミリ厚の形成材で構成されたキャビネットとアルミダイカストターンテーブルを採用、高い質感を持っているレコードプレーヤー。ターンテーブルシートも5ミリと肉厚だ。

photo DP-300F

 レコードサイズを選択すると自動的にアームが移動して再生が開始され、再生が終了するとアームが戻るフルオートシステムだが、アームリフターも用意されており、マニュアルでの操作も可能。カートリッジ交換式のストレートトーンアームは、アンチスケーティングやゼロバランス調整も容易だ。本体サイズは434(幅)×119(高さ)×360(奥行き)ミリ、5.5キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.