ITmedia NEWS >
レビュー
» 2006年07月04日 15時33分 公開

レビュー:夏の海で活躍する防水デジカメ――「μ720SW」 (3/4)

[永山昌克,ITmedia]

レンズの飛び出ない屈曲光学系の3倍ズーム

 レンズは、標準的な焦点距離の光学3倍ズームを搭載する。起動時間は約1.5秒。屈曲光学系を採用し、起動やズーミングをしてもレンズ部が飛び出さないことは、スナップ用途に便利だ。撮った後、電源を入れたままでもポケットにしまうことができ、また取り出してすぐに撮影ができる。

photo 頑丈でありながら、アウトドア以外の日常用途でも違和感のないデザインだ
photo 右側のストラップリングが指の支えの働きを兼ねている

 液晶モニターは2.5型の大画面で、光学ファインダーはない。液晶サイズは大きいが、晴天の屋外では視認性が不足するのが惜しい。リチウムイオン充電池の寿命がCIPA準拠で約180枚なのも、あと一歩がんばって欲しいところだ。

photo 奥行き19.8ミリ、本体重量149グラムの薄型軽量ボディ
photo 底面にxDピクチャーカードとバッテリーのスロットを装備する

 撮影モードはフルオートが主体で、「ポートレート」や「寝顔」、「料理」、「水中」など25種類のシーンプログラムも利用できる。背面のモードボタンを1回押すと、プログラムAEからシーンプログラムの「ブレ軽減」に切り替わり、もう1回押すとそのほかのシーンプログラムの選択画面になる。

 ほかには、最短7センチのスーパーマクロ、秒間3.6コマの高速連写、専用カードによるパノラマ撮影、カメラ内での明るさや鮮やかさの補正、フレーム合成やタイトル合成などの機能を備える。

photo OKボタンを押すと、ホワイトバランスや感度、測光などの選択画面が表示
photo MENUボタンを押して表示されるトップメニュー画面
photo シーンプログラムの選択画面では、簡単な解説文が表示される
photo ほかのμと同じく、カメラ内の画像編集機能が豊富に揃う

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.