ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年08月02日 17時02分 公開

対応液晶テレビ/レコーダー/サウンドシステムを展開:シャープ、リモコン1つで簡単操作「AQUOSファミリンク」対応製品を一挙投入 (1/2)

シャープは液晶テレビやレコーダーなどを1つのリモコンから操作できる「AQUOSファミリンク」を発表。対応液晶テレビなど15製品を9月1日より順次販売する。

[渡邊宏,ITmedia]

 シャープは8月2日、液晶テレビの操作はもちろん、レコーダーなど対応周辺機器の操作も1つのリモコンから行えるシステム「AQUOSファミリンク」を発表。同時に対応製品として液晶テレビ“AQUOS Gシリーズ”9機種とハイビジョンレコーダー4製品、オーディオシステム2製品を9月1日より順次販売開始すると発表した。

photo 新発表された、AQUOSファミリンク対応のAQUOS Gシリーズ
photo 同じく新発表のAQUOSファミリンク対応レコーダー

 AQUOSファミリンクは、新発表のレコーダーに付属する専用リモコン「ファミリモコン」から、同社の液晶テレビ/ハイビジョンレコーダー/サウンドシステムを一括操作できるシステム。製品群の連携については、HDMIコントロールの制御系サブセットを独自拡張して利用するため、フル対応する製品は現在のところ発表された新製品群の一部に限られる(一部機能については既存製品でも利用可能)。

 具体的な機能としては、テレビで視聴している番組をレコーダーのリモコンから瞬時にワンボタンで録画するなど、テレビ/レコーダーを連係させた動作が可能になる「HDMIコントロール」と、液晶テレビのチューナーで受信したデジタル放送の映像をi.link経由でレコーダーに送り、デジタルチューナーを1つしか搭載していないレコーダーでも地上デジタル放送の2番組同時録画を可能とする「ハイブリッドダブレコ」が提供される。

 HDMIコントロールを利用すれば、レコーダーの再生ボタンを押すと自動的にテレビ/レコーダーの入出力が切り替わって即座に視聴可能になるほか、テレビ/レコーダーで受信している放送の内容にあわせてサラウンドシステムのサウンドモードを自動的に切り替えるといったことも可能だ。ただ、各種設定などを行うことはできず、あくまでも視聴や録画の際に発生する入力切り替えなどの手間を省くことが主眼となっている。

photophoto

 この機能は新製品群のみの組み合わせでしか利用できないが、「ハイブリッドダブレコ」は新製品のレコーダーに、i.linkとダブルデジタルチューナーを備えた既存の液晶テレビ“AQUOS”を組み合わせた場合でも利用できるという。

 ファミリモコンにはチャンネルボタンや地上デジタル放送用の「データ」ボタンなど、液晶テレビ“AQUOS”をフル操作できるだけのキーが用意されており、スイッチを切り替えるだけでテレビ/レコーダー、いずれの操作も行える。テレビの操作についてはHDMIコントロールを利用していないため、基本的なテレビ操作だけならば、既存の液晶テレビ“AQUOS”の操作にも利用できる。

photophoto 新発表のレコーダーに付属する「ファミリモコン」(左)、ファミリモコンはレコーダー操作用/テレビ操作用と2つの赤外線送信部を持っており、テレビの操作だけならば既存の液晶テレビ“AQUOS”も操作できる

 同種のシステムとしては松下電器産業の「ビエラリンク」(関連記事)が既に発表され、対応製品も登場しているが、AQUOSファミリンクは機能を絞り込むことで、より使い勝手を高めるアプローチとなっている。「メニューを開いたりする煩雑な操作は必要ない。ハイビジョンレコーダーがテレビに内蔵されているような、使い勝手を提供できる」(同社)。

AQUOSファミリンク対応の「AQUOS Gシリーズ」

 液晶テレビ“AQUOS”の製品ラインアップは37V型の「LC-37GX1W」「LC-37GH1」「LC-37GX2W」「LC-37GH2」、32V型の「LC-32GH1」「LC-32GH2」、26V型の「LC-26GH1」「LC-26GH2」、20V型の「LC-20GH1」。価格はすべてオープンで、実売想定価格は以下の通り。

製品名 画面サイズ デザインタイプ 実売想定価格 パネル解像度
LC-37GX1W 37V アンダースピーカー 38万円前後 1920×1080
LC-37GH1 37V アンダースピーカー 33万円前後 1366×768
LC-37GX2W 37V サイドスピーカー 38万円前後 1920×1080
LC-37GH2 37V サイドスピーカー 33万円前後 1366×768
LC-32GH1 32V アンダースピーカー 24万円前後 1366×768
LC-32GH2 32V サイドスピーカー 24万円前後 1366×768
LC-26GH1 26V アンダースピーカー 19万円前後 1366×768
LC-26GH2 26V サイドスピーカー 19万円前後 1366×768
LC-20GH1 20V アンダースピーカー 14万円前後 1366×768

 基本的なスペックは2006年1月に発表されたスタンダードモデル「Bシリーズ」(関連記事)を継承するが、同社得意の1ビットデジタルアンプに独立ボックス型スピーカーを新搭載、音質を高めたほか、AQUOSファミリンク対応製品と位置づけられているため、HDMI入力端子が1系統から2系統に増設されている(26V/20Vの3製品は1系統)。

 パネルはコントラスト比1200:1のブラックASV液晶パネルで、視野角は上下左右176度。動画応答速度は6ミリ秒(LC-20GH1は8ミリ秒)。バックライトは「深紅」を加えた4波長バックライトで、色再現比をNTSC比91%に高めている。フルHD解像度モデルは「LC-37GX1W」と「LC-37GX2W」のみで、その他の機種はワイドXGA(1366×768)となっている。BS/110度CS/地上デジタル放送チューナーは全機種に搭載されている。

photophoto フルHDパネルを搭載した「LC-37GX1W」(左)。32V型以上のモデルはHDMIを2系統搭載(右)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.