ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年08月31日 16時05分 公開

シャープ、AQUOS“亀山第2工場モデル”6機種を発表

シャープは、液晶テレビ「AQUOS」の新製品6モデルを発表した。8月に稼働した亀山第2工場製のパネルを搭載する初めての製品。42型、46型、52型の3サイズをラインアップ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 シャープは8月31日、亀山第2工場モデルのフルHD液晶テレビ「AQUOS」を発表した。ラインアップは42型、46型、52型の3サイズ6モデル。価格はオープンプライスだが、店頭では52型が60万円前後、46型は50万円前後、42型は45万円前後になる見込みだ。10月1日から世界同時に発売する。

photophoto アンダースピーカーとサイドスピーカーの2タイプ6モデル
型番 LC-52GX1W LC-46GX1W LC-42GX1W LC-52GX2W LC-46GX2W LC-42GX2W
タイプ アンダースピーカー サイドスピーカー
発売日 10月1日 11月10日 10月1日 11月10日
価格 60万円前後 50万円前後 45万円前後 60万円前後 50万円前後 45万円前後

 亀山第2工場で生産する新開発のブラックASV液晶パネルを採用した初の製品となる。解像度はいずれも1920×1080のフルHD。新プロセスの採用、素材の改善、フューチャービジョンが開発したインクジェット方式カラーフィルタを採用するなどして基本性能の向上とコスト削減を両立させた。「世界最高のコントラストと動画応答速度を実現したほか、黒の再現性は従来比1.7倍になった」(同社)。

photophoto 亀山第2工場(左)と2160×2460ミリの第8世代マザーガラス(右)。1枚から50型クラスのパネルを6枚とれる「世界で最も効率のいいマザーガラス」(同社)だ

 暗所コントラストは2000:1、リビングルームなど明るい場所でもコントラスト650:1。また、動画応答速度は液晶パネルの特性改善や「新QS(Quick Shoot)駆動」により、同社従来パネルの3割アップとなる最高4ミリ秒となった(アドバンスモード時)。これは「ブラウン管と同等の数字だ」(同社)という。

 視野角は上下左右176度。1ドットを2つのセルに分割し、セル単位で階調をコントロールする「MPD」(マルチ画素技術)により、人の肌などの中間色の微妙な色合いでも色調変化や白浮きを抑える。バックライトは、青、緑、赤の3つの波長に「深紅」を加えたお馴染みの4波長バックライト。視聴している番組の明るさレベルに合わせ、バックライトの輝度を自動調整する「ピュアホワイト」機能も搭載している。

photo リモコンはもちろん「ファミリモコン」

 チューナーは地上/BS/CS110デジタルダブルチューナーとアナログ地上波で、デジタル放送の2番組表示や裏番組録画に対応する。インタフェース類は、「AQUOSファミリンク」に対応したHDMI端子×2系統をはじめ、PC接続用のDVI-I×1系統、D4×2系統、S2×2系統、ビデオ入力4系統を備えた。このほか、S端子付きのモニター出力やi.Link端子×2なども搭載している。

 “音”を改善したのも新製品の特徴だ。5.6MHzサンプリングを可能にした「1ビットデジタルアンプ」をAQUOS用に新開発したほか、スピーカーをテレビ本体から独立した設計としたことで共振による音質劣化を最小限に抑える。スピーカー本体は、従来モデルから継承した「高開口率スピーカーシステム」の2Way6スピーカーだ。

 環境性能では、省電力化と環境負荷物質の廃止をさらに進めている。たとえば消費電力は、52V型の場合で322ワット。年間消費電力量では279kWh/年となり、「省エネ法に定められた2008年度基準をクリアした」という。

 このほか、新たにオプションとして壁際に大画面テレビをスタイリッシュに設置できる「壁寄せスタンド」をラインアップ。価格は11万5500円で10月1日発売予定だ。同時に「フロアラック」(12万6000円)、「壁掛け金具」(2万6250円)も発売する。

photo 新オプションの「壁寄せスタンド」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.