ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年09月28日 17時06分 公開

東芝、「VARDIA」に使い勝手重視の“デジ・アナ”エントリー機

東芝は、「VARDIA」シリーズのエントリーモデル2機種を発表した。DVD+HDDの「RD-E300」と、VHSをくわえた3 in 1モデル「RD-W300」の2機種をラインアップ。11月上旬から順次発売する。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 東芝は9月28日、「VARDIA」シリーズのエントリーモデル2機種を発表した。DVD+HDDの「RD-E300」と、VHSをくわえた3 in 1モデル「RD-W300」の2機種をラインアップ。11月上旬から順次発売する予定だ。価格はオープンプライスだが、店頭では「RD-E300」が9万円前後、「RD-W300」が11万円前後になる見込みだ。

photophoto 「RD-E300」(左)と3 in 1の「RD-W300」(右)
型番 概要 価格(※1) 発売日
RD-E300 HDD+DVD 9万円前後 11月上旬
RD-W300 HDD+DVD+VHS 11万円前後 11月中旬
※1:オープンプライス

 両機種とも地上/BS/CS110度デジタルチューナー×1基とアナログ地上波チューナー×1を搭載する「デジアナW録」機で、HDD容量はいずれも300Gバイト。DVDドライブは、DVD-R DLの書き込み速度が6倍速に向上(従来は4倍速)した。両機とも基本的な録画機能は同一だが、RD-W300にはVHSのほか、DV端子とスカパー!連携機能が付加されている。

 目新しい機能としては、EPGがラテ欄タイプのタテ表示を含む「タテ・ヨコ切換」に対応した点が挙げられる。従来のヨコ表示とあわせ、表示する放送局数や時間により計12種類から選択可能だ。デジタル放送のサブチャンネルを隠し、横スクロールを減らすといったカスタマイズも行える。

photo タテ表示のEPG。サブチャンネルが隠れている時間帯は番組の横に緑色のラインが付き、ワンタッチで確認できる

 録画番組一覧では、未視聴の番組に「NEW」マークが付くようになった。また選局や録画予約時でもバックに視聴中の番組が映し出される「見ながら番組選択」を搭載。さらにリモコンには「おまかせプレイ」ボタンを搭載し、自動チャプター分割後の“本編だけの番組”が簡単に再生できるようになるなど、主に使い勝手を意識したブラッシュアップが行われている。

photo リモコンに「おまかせプレイ」ボタンを搭載。本編だけワンタッチで見ることができる

 「おすすめサービス」の「とっておき広場」では、新たに動画のダウンロードが可能になった。ただし、長編コンテンツの販売などを意図したものではなく、基本的に新作映画やDVDのプロモーション映像など短い番組に限定される見込みだ。

photophoto 「とっておき広場」で映画やDVDのPRビデオなどをダウンロード。ダウンロードした映像は「見るナビ」から再生する。なお、ダウンロード中は操作が限られるほか、予約録画が始まるとダウンロードがキャンセルされるといった制限がある

 このほか、ダビング時にメニュー画面に沿ってダビング方向や記録モードなどを選んでいくだけでディスクのファイナライズまで可能な「かんたんダビング」、ウィザード形式で初期設定を容易にする「はじめての設定」といった機能がある。

 入出力端子は、前述のHDMI×1にくわえ、D4出力×1、S端子/コンポジット×1など。光デジタル音声出力も備えている。なおリモコンは、従来型にくわえ、基本操作に絞った「シンプルリモコン」も同梱される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.