ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年11月08日 14時52分 公開

バイ・デザイン、42V型プラズマを16万円台に値下げ

バイ・デザインは42インチプラズマテレビ「d:4237MJ」の直販価格を改定、16万9800円にて販売すると発表した。

[ITmedia]
photo d:4237MJ

 バイ・デザインは11月8日、42インチプラズマテレビ「d:4237MJ」の直販価格を改定、同日より16万9800円にて販売すると発表した。旧価格からは2万円の値下げ。

 本製品は解像度1024×1024ピクセルのプラズマパネルを搭載する。輝度は1400カンデラ、視野角上下左右176度、コントラスト比3000:1となっている。

 鮮やかな色再現を実現する「インテリジェントカラーマネージメント機能」、くっきりとした輪郭の映像を再現する「ダイナミックシャープネスコントロール」、見えにくい部分を鮮やかに再現する「アドバンスドガンマ」という3要素から構成される独自開発の高画質画像処理エンジン「d:engine」を備える。

 搭載するチューナーは地上アナログのみだが、入力端子としてHDMI端子とD4端子を用意。本体下部には省スペースのアンダースピーカーを備え、臨場感あるサウンドを再現するBBEサラウンド回路を搭載した。サイズは1072(幅)×308(奥行き)×793(高さ)ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.