ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年01月09日 13時31分 公開

International CES:「世界一」が出迎えるシャープブース

シャープブースは予想通り、“世界最大”108インチAQUOSが来場者を出迎える。驚くような新製品の展示はないが、IrSimple対応のデジカメとAQUOSを組み合わせたデモが。え、シャープがデジカメ?

[渡邊宏,ITmedia]

 International CESのシャープブースでは、昨日発表されたばかりの“世界最大”108インチAQUOSが来場者の注目を集めている。この108インチを筆頭に、さまざまなサイズの液晶テレビ(パネル)が展示されており、さながら「液晶天国」だ。

photo 大量のAQUOSが展示されるシャープブースとその“筆頭”、世界最大の108インチAQUOS
photophoto 108インチAQUOS

 ブース展示は、今年に北米地域で販売開始される新モデルが中心。スペックとしては既に国内で販売されているモデルと大差ないが、こちらでも言及されているよう、、パネルの駆動速度を既存モデルの倍、120Hzへと高速化し、動きの速い場面でのブレやボケを解消している。

photo 60Hz駆動の「LC-45D40U」と120Hz駆動の「LC-52D92U」の比較

 1973年の電卓「EL-805」から始まる同社の液晶の歴史を説明するコーナーも設けられているが、液晶そのものの技術展示については内容は昨年10月に行われたCEATEC JAPAN 2006と大差なく、“闇夜のカラスも見える”メガコントラスト液晶も37Vと65Vの2タイプが展示されており、64Vの4K2K 超高精細液晶パネルも同様に展示されていた。

photophoto 65Vのメガコントラスト液晶(左)、4K2K 超高精細液晶パネル(右)
photo こちらは北米で今春販売開始予定のBlu-ray Discプレーヤー「DV-BP1」。日本国内での販売は未定

 AQUOSを「単なるテレビ」としない活用法の提案が目立つのが今回の特徴。家庭内のサーバーやPCに収納されたコンテンツの表示装置として利用する「ネットワークアクオス」や、デジカメ画像の表示機器として利用する例が示されていた。

 ネットワークアクオスはWebブラウザを搭載するほか、DLNA/UPnPに対応し、LAN上のサーバーソフト/機器に収納された動画/静止画/音楽の再生が可能。デモ機にはネットワークインタフェースとしてPLCが使用されていた。このPLCアダプタは北米および日本国内で販売される予定。

photophoto ネットワークアクオスのデモ。左のPC(ViiV)に収納されたコンテンツをPLC経由で右のAQUOSに表示する(左)、市販予定のPLCアダプタ(右)

 デジカメを利用したソリューションは、撮影画像をIrSimleで転送し、AQUOSで表示させるというもの。IrSimpleは高速な赤外線通信で、既存のIrDAとの互換性を持ちながら、従来方式の4〜10倍の高速化を可能にした規格。400万画素クラスのデジカメ画像でも1秒足らずで転送、表示できることがデモで紹介されていた。

photo 撮影した画像をIrSimpleで転送、画面に表示

 デモ機ではAQUOSにIrSimpleのレシーバーを組み込むのではなく、外付けのレシーバーで対応していた。興味深かったのが、利用されていたIrSimple対応デジカメ。IrSimpleを搭載した他社製品(富士フイルムのFinePix Z3など)ではなく、「SHARP」のロゴが入ったオリジナルだった。

 すわデジカメ事業へ参入か?とも思ったが、「北米ではIrSimpleの知名度が低いため、技術説明を行うためのサンプルとして(カメラを)用意した。デジカメ事業への参加を意図するものではない」とのことだった。

photophoto IrSimple機能を備えた「シャープ」デジカメ。背面にはIrSimpleのボタンが用意されているほか、「VE-WA5」という型番らしい文字も見える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.