ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月22日 15時00分 公開

縦型・光学10倍ズームのコンパクト機「PowerShot TX1」

キヤノンが、新コンセプトの縦型コンパクトデジカメ「PowerShot TX1」を発表。光学10倍ズームとレンズシフト式手ブレ補正機構を、手のひらサイズのコンパクトな縦型ボディに収めた。

[ITmedia]

 キヤノンは2月22日、新コンセプトの縦型コンパクトデジカメ「PowerShot TX1」を発表した。3月中旬から発売する。価格はオープンで、市場想定価格は5万円前後。

photophoto

 手のひらサイズのコンパクトな縦型メタルボディに高倍率ズームレンズを搭載した新「TX」シリーズの第1弾モデル。88.8(幅)×29(奥行き)×59.9(高さ)ミリ・重さ約220グラムの小型ボディに、新開発の光学10倍ズームレンズを内蔵した。焦点距離は、35ミリ判換算で39〜390ミリ(F3.5-F5.6)。

 またレンズシフト式の手ブレ補正機構「IS(Image Stabilizer)」を搭載。シャッタースピードに換算して約3段分の補正効果を備える。

photophoto レンズバリア閉じ時

 CCDは1/2.5インチ有効710万画素。最新の独自映像エンジン「DIGIC III」を搭載し、ノイズリダクションテクノロジーによって最高ISO 1600の高感度撮影が行える。光学手ブレ補正との併用により、シャッタースピードに換算して約7段分の補正効果を備えるという。

photophoto

 同社独自の「フェイスキャッチテクノロジー」と「iSAPSテクノロジー」をベースにした独自アルゴリズムを併用することで被写体の顔にピント/露出/ストロボ発光量を高速・高精度にあわせる「顔優先AF/AE/FE」機能を搭載。

 動画は、DIGIC IIIを生かした1280×720ピクセル・30fpsのHDサイズの動画撮影が可能。縦型ボディの操作性と合わせて、高画質な動画を気軽に撮影できる。動画のファイルフォーマットはAVI(Motion JPEG)。またハイビジョンテレビへの出力に対応したコンポーネント端子(D3:1080i出力)を搭載。同梱の専用ケーブルを使って、撮影した高画質HD映像を家庭のテレビで楽しめる。

photophoto

 液晶モニタは1.8インチ(11.5万画素)のビデオカメラライクなバリアングルタイプを採用。電源は専用リチウムイオン充電池を使用。記録メディアはSDメモリーカード/MMCのほか、高速・大容量なSDHCカードにも新たに対応した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.