ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月28日 15時06分 公開

魅せる4色薄型ボディ、380枚撮影のスタミナ性能を備えた「DSC-T20」

ソニーがヒットモデル「DSC-T10」の直系となる「DSC-T20」を発表。上位機種の「DSC-T100」に迫るスペックを持ちながら、最大380枚撮影可能というスタミナ性能も手に入れた。ピンクを含む4色のボディカラーを用意。

[ITmedia]

 ソニーは2月28日、デジタルカメラ“サイバーショット”の新製品として「DSC-T20」を4月6日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後。

photo 「DSC-T20」。ピンク(左)とブラック(右)

 新製品は、同時発表されたDSC-T100の兄弟機種にあたるモデル。1/2.5型810万画素 Super HAD CCDやフルHDの静止画出力機能、画像処理エンジン「BIONZ」、顔認識機能などはそのままに、4色のカラーバリエーションを取りそろえ、女性を含めたより幅広い層へのアピールを狙うモデルとして位置づけられている。

 レンズカバーとその周辺部を小型化することで全体をコンパクトに見せているほか、ボディ全体に丸みを持たせ、柔らかさやかわいらしさを演出している。カラーはきらきらしたかわいさを持つ「ピンク」、清潔感のある「ホワイト」、高級感を演出する「シルバー」、落ち着きを感じさせる「ブラック」の4色が用意される。

photo カラーは4色を用意。ハイビジョンテレビへ画像を出力できる充電クレードル「CDD-HD1」も利用できる

 DSC-T100に比較すると、光学レンズ倍率(DSC-T20は3倍、DSC-T100は5倍)やHDスマートズーム利用時の倍率(DSC-T20は5.1倍、DSC-T100は8.5倍)、背面液晶サイズ(DSC-T20は2.5型、DSC-T100は3.0型)などに違いがある。ちなみにレンズは35ミリ換算で38〜114ミリとなっており、DSC-T100とはわずかながらワイド側の合焦距離も異なっている。

 しかし、撮影可能枚数に関してはDSC-T20の方が勝っており(CIPA基準で約380枚、DSC-T100は約320枚)、ボディサイズも89.7(幅)×55.7(高さ)×22.8(厚さ)ミリ、約159グラム(撮影時重量)とDSC-T20の方が軽量。より軽快に持ち運びたい人にはDSC-T20の方がオススメと言える。

photophoto
photophoto

主な仕様は以下の通り

製品名 DSC-T20
撮像素子 1/2.5インチ有効約810万画素「Super HAD CCD」
記録画素数 静止画:3264×2448/3264×2176/2592×1944/2048×1536/1920×1080ピクセル、動画:動画:640×480/320×240ピクセル
記録形式 静止画:JPEG(DCF、Exif 2.2準拠)、動画:MPEG-1
レンズ 6.33〜19ミリ(35ミリカメラ換算で38〜114ミリ相当)、F3.5〜4.3
撮影距離 50センチ〜∞(マクロモード時:8センチ、拡大鏡モード時:1センチ)
感度設定 オート、ISO 80/100/200/400/640/1600/3200
液晶ディスプレイ 2.5インチTFTカラー液晶(約23万画素表示)“クリアフォト液晶プラス”
記録メディア メモリースティックデュオ/PRO デュオ
電源 リチウムイオン充電池
サイズ 89.7(幅)×55.7(高さ)×22.8(厚さ)ミリ、約159グラム(撮影時重量)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.