ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月20日 13時00分 公開

光学10倍ズーム&お手軽操作のキヤノン「PowerShot SX100 IS」

キヤノンのデジカメ新製品「PowerShot SX100 IS」は、手ブレ補正機能付き光学10倍ズームレンズを採用。使いやすさを重視したインタフェースを備えた。

[ITmedia]
photophoto ブラック(左)とライトシルバー(右)。いずれも、メッキパーツはつや消しと光沢の2種類を使用し質感を高めている

 新製品は、レンズシフト式の手ブレ補正機構(IS)を搭載した光学10倍ズームレンズを搭載する。35ミリ判換算での焦点距離は36-360ミリ。F値は2.8-4.3。撮像素子は有効800万画素の1/2.5インチCCDで、映像処理エンジンにはDIGICIIIを装備した。

 同社の高倍率ズーム機「PowerShot S5IS」よりもシンプルで見やすいボタン配置を採用。ボディサイズも一回りコンパクトにすることで、初心者にも扱いやすいカメラとなっている。

 顔認識機能「フェイスキャッチテクノロジー」は、顔優先AF/AEに加え、フラッシュを使用した人物撮影で表情をきれいに写す「顔優先FE」や、赤目補正機能を搭載。さらに、カメラが認識した顔の中からピントを合わせたい顔を選択できる「顔セレクト」機能を備えており、被写体を1度ロックすると、その被写体が移動した場合にも自動で追尾する。

 またフォーカスチェック時にも顔を認識し、選択/拡大が可能になった。本体の液晶パネル下には「フェイスキャッチボタン」を備え、顔セレクト機能にワンプッシュで移行できる。また同ボタンで主被写体の固定/解除を行うことも可能だ。

photo シンプルなボタン類。液晶下の左から2番目のボタンが「フェイスキャッチボタン」

 2.5インチの液晶はフッ素コートやキズ防止コート、反射防止マルチコートなどを施し、保護性と視認性を向上させた「クリアライブ液晶」。操作系は本体上部にモードダイヤルを備えるほか、液晶右側には設定変更や再生時の画像送りなどをスムーズに行えるコントローラーホイールを装備した。

 本体サイズは108.7(幅)×71.4(高さ)×46.7(奥行き)ミリ。重さは265グラム(本体のみ)。単三形アルカリ乾電池2本で約140枚、単三形ニッケル水素電池2本で約400枚の撮影ができる。メディアはSD/SDHCメモリーカード、MMC、MMCplus、HC MMCplusに対応した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.