ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年05月17日 22時50分 公開

8メガになった手ブレ補正+光学4倍ズーム機「IXY DIGITAL 810 IS」

キヤノンが、小型コンパクトデジカメ“IXY DIGITAL”の新製品「IXY DIGITAL 810 IS」を発表。手ブレ補正+光学4倍ズームに8メガピクセルのCCDを採用。映像エンジンはDIGIC IIIにパワーアップ。

[ITmedia]
photo

 キヤノンは5月17日、小型コンパクトデジカメ“IXY DIGITAL”の新製品「IXY DIGITAL 810 IS」を発表した。4月中旬から発売する。価格はオープンで市場予想価格は4万7000円前後。

 昨年3月に発表した「IXY DIGITAL 800 IS」の後継機。従来機同様にレンズシフト式手ブレ補正機構付きの沈胴式光学4倍ズームレンズ(35〜140ミリ相当/F2.8-F5.5)を搭載。ボディサイズは90.4(幅)×26.4(奥行き)×56.5(高さ)ミリで重さは約165グラム(本体のみ)。連続曲面を調和のとれた3色で演出した「Curvature & Stream Design」を採用した。


photo

 撮像素子は新たに1/2.5インチ有効約800万画素CCDを採用。2.5インチの大画面液晶ディスプレイは約23万画素と従来機(800 IS、約17.3万画素)から解像度が向上、高精細・広視野角液晶パネルの「クリアライブ液晶」を搭載した。

 映像エンジンはDIGIC IIからDIGIC IIIにパワーアップ。DIGIC IIIに盛り込まれた「フェイスキャッチテクノロジー」によって、人物を簡単・綺麗に撮影することが可能な「顔優先AF/AE/FE」と、画像再生時の「赤目補正」を実現。またDIGIC III搭載の「ノイズリダクションテクノロジー」によって、最高ISO1600での高感度撮影に対応。手ブレだけでなく被写体ブレにも強くなっている。

 手ブレ補正に使うISユニットを活用して、夜景シーンなどでの点状の光源を、星やハートなどの形に変化させて撮影できる「ファンタジーナイト」と「水族館」を追加した、11 種類のスペシャルシーンモードを搭載した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.