ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月23日 10時00分 公開

10メガCCDを搭載の世界最小・最軽量デジカメ「オプティオ S10」

ペンタックスがコンパクトデジカメ「オプティオ S10」を発表。10メガCCDを搭載したコンパクトとしては世界最小・最軽量だ。

[ITmedia]
photo 「オプティオ S10」。カラーは写真のシルバーのほかブルーを用意

 ペンタックスは8月23日、コンパクトデジタルカメラ「オプティオ S10」を9月13日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円台半ば。

 同社コンパクトデジカメ「オプティオ」シリーズのなかでも、スリム&コンパクトやDivX動画記録といった高性能を両立させた「Sシリーズ」の最新モデル。前モデルの「S7」(2006年7月に発表)から1年以上間が空いてしまったが、画素数は有効800万画素から有効1000万画素CCD(1/1.8型)と大幅にアップした。

 アルミ合金を利用したスタイリッシュなボディデザインは前モデルと共通。光学3倍ズームレンズや2.5インチ液晶を搭載しながらもサイズは87(幅)×54(高さ)×21(厚さ)ミリとコンパクトで、1000万画素CCDを搭載したコンパクトデジカメとしては世界最小・最軽量(同社)だ。

 レンズは「smcPENTAX ズームレンズ」で、焦点距離は35ミリ換算38〜114ミリ相当。F値はF2.8〜5.4。最大5.4倍のデジタルズームも備えており、光学ズームと併用することで最大約16.3倍のズームが可能。

photophoto

 光学式手ブレ補正機能は搭載しないが、ISO感度を最高3200まで向上させる「Digital SR」モードを搭載し、撮影時の手ブレや被写体プレを抑制する。顔認識機能「顔認識AF&AE」も搭載しており、肌の質感を滑らかに映し出す「美肌モード」や自動的にトリミングを行う上半身アップの構図で撮影できる「ベストフレーミング」といった機能を新搭載した。

 撮影モードについては「夜景」や「ポートレート」「スポーツ」などのほか、撮影状況をカメラ側が判断し最適な設定を自動的に設定する「オートピクチャー」を新搭載、ユーザーの利便性を高めている。動画撮影機能も充実しており、DivXフォーマットで640×480ピクセル・30フレーム/秒の動画撮影が行えるほか、動画撮影時の手ブレをソフトウェア的に補正する「Movie SR」も搭載する。

 2.5インチの背面液晶は必要に応じて明るさをアップさせる「LCDブースター」を装備。撮影可能枚数は約250枚(CIPA基準)。メディアにはSDメモリーカード(SDHC対応)を利用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.