ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月24日 17時16分 公開

ハーマン、セミオープンのAKGヘッドフォン「K412P」

ハーマンインターナショナルがAKGのヘッドフォン「K412P」を発売。上位機種の技術を活かしたドライバを搭載するセミオープンタイプ。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは8月24日、AKGのヘッドフォン「K412P」を8月25日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は6000円前後。

photophoto 「K412P」。折りたたみ機構も備え、携帯に適する

 「上位機種の技術を活かした」(同社)ドライバを搭載したセミオープンタイプのヘッドフォンで、「K24P」のようなサイドスリットが開放感あるサウンドを生み出す。周波数特性は13Hz〜27KHzで、感度は110dB/mW。ケーブル長は1.5メートルで、入力プラグは3.5ミリステレオミニ。

 同社独自の「3D-Axis」構造によって折りたたみ可能となっており、折りたたんだ状態の本製品を収納するキャリングバッグも付属する。メタル製ヘッドバンドはスライド機構を備えており、自由に長さを調節できる。交換用イヤーパッド「AP2-ZK」も別売ながら用意される(1050円/4個入り)。

関連キーワード

ヘッドフォン | オーディオ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.