ITmedia NEWS >
レビュー
» 2007年10月17日 08時30分 公開

官能的なポータブルプレーヤー「iPod touch」――スタンドアロン機能編レビュー(5/5 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

アクセサリ機能

 それ以外のWi-Fiを使わない機能についても少々。

 ホーム画面を見ると分かるように、カレンダー、連絡先、時計、計算機、設定と基本的なアクセサリが揃っている。

シンプルだがきれいなカレンダー画面。新規スケジュール追加機能は残念ながらなし(左)。時計機能の中にあるアラーム。下のドラム状の時間設定に注目。これはなかなか斬新で気持ちいいインタフェースだ(右)

 時計機能は秀逸。時計機能には、世界時計、アラーム、ストップウォッチ、タイマーが含まれている。

 カレンダーはiTunesを通してパソコン上のスケジュールを転送するだけで、外出先で新しい予定を入力することはできない。不便。

 連絡先はiTunesを通してパソコン上のアドレスブックを転送するだけだが、こちらはiPod touch上で編集したり新しい連絡先を入力することができる。便利。

 なぜ連絡先でできてカレンダーでできないのかはナゾだ。

 ちなみに、メモ帳系機能がないのは不便なので、ちょっとしたメモをとりたいときは、連絡先にダミーのメモ用コンタクトを作って、そこのメモ欄に入力している。

 この辺はPDAだと思うと腹が立つが、iPod touchをPDAではなくて、Wi-Fiにも対応した「ポータブルエンターテイメントマシンデバイス」であると思えばしょうがないか、と。実際、PDA的な機能を搭載して多機能化を進めるより、シンプルさをとったのか、iPhoneとの差別化のためかは分からないが、そういうことである。

 確かに、iPhoneが使える国の人にとってはPDA的に使うなら無線LANも携帯電話の電波も使えるiPhone、PDA的機能を省いてその分薄く軽くシンプルで安いiPod touchと明確に分かれているのはいいかもしれない。iPhoneがいつになるか分からない日本人にとっては残念だけれども。

 で、Wi-Fiの話と日本語入力については次回に。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.