ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年12月12日 15時33分 公開

東芝、REGZA「Z3500」を「アクトビラ ビデオ・フル」対応へ

東芝は、“REGZA”「Z3500」シリーズを「アクトビラ ビデオ・フル」に対応させる無償バージョンアップを発表した。ハイビジョンレベルの動画配信サービスを全画面表示で楽しめる。

[ITmedia]
photo 「Z3500」シリーズ。37V型から57V型までの5サイズを揃えている

 東芝は12月12日、液晶テレビ“REGZA”のハイエンドシリーズ「Z3500」を動画配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」に対応させるバージョンアップを発表した。

 2008年4月28日からデジタル放送またはサーバを利用した無償ダウンロードサービスを提供する。現在は「アクトビラ ベーシック」までのサポートだが、アップデートにより動画配信の「アクトビラ ビデオ」およびハイビジョンレベルの動画をテレビに全画面表示できる「アクトビラ ビデオ・フル」を楽しめるようになる。

 なお「アクトビラ ビデオ」は実効速度で6Mbps程度、「アクトビラ ビデオ・フル」は実効12Mbps程度のブロードバンド接続環境が必要だ。

photo 「アクトビラ ビデオ」(左)と「アクトビラ ビデオ・フル」(右)

関連キーワード

アクトビラ | REGZA | 動画配信 | 東芝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.