ITmedia NEWS >
レビュー
» 2010年12月25日 12時57分 公開

「スカパー!HD」初の1契約2番組同時録画、「TZ-WR320P」を徹底的にチェックする(前編) (4/4)

[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 予約録画も、しっかりスカパー!仕様になっている。シリーズ番組の予約は時間帯と毎週、毎日といった指定ではなく「探して毎回予約する」の利用となり、これに曜日指定を組み合わせることも可能だ。スカパー!に限らず、専門チャンネルはスポーツ中継などで放送時間がずれることは多くないが、代わりに同一番組の複数回分を連続して放送したり、月をまたぐと放送曜日や時間が変更されてしまうことも珍しくない。実は地上デジタル放送よりも放送の規則性が一定でない側面がある。

 そこで本機では、番組名をもとに電子番組表のデータから次回の放送を検索し、繰り返し予約録画を行う仕組みになっている。必要があれば曜日指定で一定の絞り込みも可能だ。シリーズ番組の録画で週に3〜4回は同じ話数の放送があるので全て録画したくないとった場合は別だが、基本的には曜日指定なしで「探して毎回予約する」を利用すれば良い。電子番組表で番組を選んだ直後に表示される「探して毎回予約する」では、曜日指定なしで追従してくれるので、これを選択しておけば十分といえる。

電子番組表から番組を選択すると、まず番組の詳細情報が表示され、番組予約を選択すると「予約する」(単発予約)、「★探して毎回予約する」、「詳細設定」が選択できる。シリーズ番組の予約は「★探して毎回予約する」を利用するのが基本になる
「★探して毎回予約する」で録画予約した番組(ママは小学4年生)はこのように1日に複数話が放送される場合でもしっかり録画予約してくれた

 録画一覧は、1画面に9番組が表示可能。電子番組表の情報を元にドラマ、アニメといったジャンル別に一覧できるほか、未視聴番組の一覧、自動録画された番組の一覧などがタブで選択できるから便利だ。一方、ちょっと残念なのは現行DIGAに存在する「まとめ表示」機能がない点だろうか。まとめ表示は、繰り返し録画予約で録画したシリーズ番組をフォルダのようにまとめて扱える機能だ。本機の導入を考慮している人にはヘビーに録画するユーザーも少なくないと思われる上、シリーズ番組の予約録画が容易に可能となっているだけに“もったいない”と感じた部分だ。

録画一覧は、全ての録画番組のほか、未視聴、代表的なジャンル別に一覧することも可能だ。録画番組を任意にグループ化したりフォルダのように管理する機能はないが、キビキビとした動作でカバーするといったところか。録画番組は、単純に選択すると前回停止位置からの再生になるが、サブメニューから意図的に先頭から再生することも可能だ

 後編では、2番組同時録画や自動録画、付加機能などについて触れていきたい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.