ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アンテナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アンテナ」に関する情報が集まったページです。

100Gbps超の送信レートを実証:
300GHz帯フェーズドアレイ送信機、全CMOSで開発
東京工業大学と日本電信電話(NTT)の研究グループは、300GHz帯フェーズドアレイ送信機について、アンテナや電力増幅器を含め全てCMOS集積回路で実現することに成功した。6G(第6世代移動通信)で期待される100Gビット/秒超の送信レートを実証した。(2024/2/20)

組み込み開発ニュース:
ポスト5G/6Gに向けてTHz帯メタサーフェス反射板の評価装置を開発
産業技術総合研究所は、テラヘルツ(THz)帯メタサーフェス反射板の評価装置を開発した。基地局アンテナから照射した平面波を特定方向に反射できるため、障害物を迂回してポスト5G/6Gの通信エリア拡大に寄与する。(2023/12/28)

組み込み開発ニュース:
アンテナの高効率化と小型化に対応、Wi-Fi 6E/7向け無給電素子結合デバイス
村田製作所は、Wi-Fi 6EとWi-Fi 7に対応する無給電素子結合デバイスを開発した。サイズは1.0×0.5×0.35mmで、同社のセラミック多層技術を活用し、アンテナの高効率化と小型化を両立した。(2023/12/21)

アンリツ ME7869A:
最大100mの距離からアンテナ特性を測定可能なネットワークアナライザー
アンリツは、モジュール型2ポートVNA(ベクトルネットワークアナライザー)システム「ME7869A」の販売を開始した。最大100mの距離からアンテナ特性を測定できる。航空宇宙や衛星、自動車、材料測定といった用途に適する。(2023/12/13)

アンテナの高効率化と小型化を両立:
Wi-Fi 6E/7向け無給電素子結合デバイスを量産
村田製作所は、無線LAN規格であるWi-Fi 6E(IEEE 802.11ax)/7(IEEE 802.11be)向けアンテナの高効率化と小型化を可能にする「無給電素子結合デバイス」を開発、量産を始めた。PCやタブレット端末、スマートフォン、Wi-Fiルーターなどの用途に向ける。(2023/12/11)

現場管理:
地下大空間に「Wi-Fi環境」を構築 戸田建設が半日で作業完了
戸田建設は、管パイプと電波を放射するアンテナユニットで構成し、電波が届きにくい環境にWi-Fi環境を構築する「ウェーブガイドLANシステム」を地下土木工事の作業所に導入した。(2023/12/5)

シャープ、衛星通信向けアンテナを開発 ドローンや自動車への搭載を目指す
シャープは、LEO(低軌道)/MEO(中軌道)衛星通信向け地上局用フラットパネルアンテナの開発を開始。小型かつ軽量で高速大容量通信が可能な衛星通信アンテナを目指し、船舶をはじめドローンや自動車への搭載にも取り組む。(2023/11/28)

通信距離は従来品の約3倍に:
金属に近接しても感度が低下しないアンテナ
スタッフは「EdgeTech+ 2023」にて、金属製の筐体に設置しても性能が低下しないアンテナ「メタシンクアンテナ」を展示した。筐体の金属との間にループアンテナを形成することで電波の放射効率を高め、感度低下の問題を解決できる。(2023/11/22)

組み込み開発ニュース:
三菱電機がサブ6対応の透明アンテナを開発、電波の放射効率は従来比で2.3倍
三菱電機は5Gのサブ6に対応する透明アンテナを開発したと発表した。窓ガラスに設置する場合には非接触給電が可能なため、外観を損なう非透明な給電ケーブルが不要になるとともに、電子レンジ扉部の電波シールドに用いられるパンチングメタルと置き換えれば庫内視認性の向上も可能だという。(2023/10/25)

日本航空電子工業 RFIDインレイ用フィルムアンテナ:
小型かつ高性能のRFIDインレイ用フィルムアンテナ
日本航空電子工業は、スプリットリング共振器アンテナ技術を用いたRFIDインレイ用フィルムアンテナを開発した。通信距離が長く、全方向からの通信に対応する。村田製作所のモジュールに搭載する予定だ。(2023/10/23)

CEATEC 2023:
“透明”をどう使う? 高い透過率を示す透明導電フィルムの使い道を提案
パナソニック インダストリーは、「CEATEC 2023」において、透明の車載用ヒーターや5Gアンテナ、電磁波シールドなど、透明導電フィルム「FineX」のさまざまな用途提案を行っている。(2023/10/20)

「CEATEC 2023」事前情報:
各種コネクターやアンテナなどの最新技術を展示、JAE
日本航空電子工業は2023年10月17〜20日に開催される「CEATEC 2023」(幕張メッセ)に出展する。ブースでは、同社の5つの重点領域ごとに、各種コネクターを中心とした注力製品や新技術およびデモを展示する。(2023/10/12)

モレックス MX60シリーズ:
非接触コネクティビティソリューション
モレックスは、非接触コネクティビティソリューション「MX60」シリーズを発表した。ミリ波RFトランシーバーとアンテナを1パッケージに統合し、ケーブルやコネクターを使用せずに、高速なデバイス間通信を可能にする。(2023/10/6)

ヘルスケアやIoT分野向け:
「市場最小クラス」の超小型60GHzレーダーIC
Infineon Technologiesは2023年7月、周波数連続変調(FMCW)方式の1次元測定用60GHzレーダーセンサー「BGT60UTR11AIP」を発表した。送信/受信アンテナを各1つ内蔵していて、サイズは4.05×4.05mmと「市場最小クラス」(同社)だ。(2023/9/22)

東芝インフラシステムズ:
ローカル5G用分散型アンテナシステムを発売
東芝インフラシステムズは、ローカル5G(第5世代移動通信)に対応する分散型アンテナシステム「東芝ローカル5G用DAS」の販売を始めた。ローカル5Gの通信エリアを低コストで拡張できるという。(2023/8/21)

高い透過率と低抵抗を両立:
ミリ波アンテナやヒーターになる透明導電フィルム
パナソニック インダストリーは「TECHNO-FRONTIER 2023」で透明導電フィルム「FineX(ファインクロス)」を展示した。独自の工法により高い透過率と低抵抗を両立させたといい、アンテナやヒーターなどへの用途の拡大を見込む。(2023/8/2)

材料技術:
曇らないメガネを作れる透明導電フィルム、透明アンテナとしても使用可能
パナソニック インダストリーは、「TECHNO-FRONTIER 2023」で、タッチパネル用に開発した両面配線メタルメッシュ透明導電フィルム「FineX」の新たな用途として透明ヒーターや透明アンテナ、透明ディスプレイを提案した。(2023/7/28)

フジクラ 5Gミリ波通信システム向け開発キット:
28GHz PAAM搭載の5G向け開発キット
フジクラとアヴネットは共同で、5Gミリ波通信システム向けの開発キットの販売を開始した。ミリ波周波数帯域向けにフジクラが開発した、28GHzのフェーズドアレイアンテナモジュール「FutureAccess」を搭載する。(2023/6/15)

組み込み開発ニュース:
60GHz帯を使用した超小型で極低電力の車載向け電波式測距センサー
ソシオネクストは、60GHz帯を使用した車載向け電波式測距センサー「SC1260」シリーズを開発した。複数の送受信アンテナによる時分割多重化処理で、車室内の人の位置や存在、接近、離反を高精度に検知できる。(2023/6/13)

JR東、沿線の5G化を加速 キャリア共用インフラ整備
JR東が沿線の5G化加速。複数の携帯キャリア間で共同使用できる5Gアンテナを、駅間などに設置する。(2023/6/7)

TDK IFQ06:
渦電流の影響を抑制、NFCアンテナ向け磁性シート
TDKは、NFCアンテナ向けの磁性シート「IFQ06」を開発、量産を開始した。透磁率が高く、磁気損失が低いため、NFCアンテナコイルの背面に配置することで通信特性が向上し、周囲の金属がもたらす渦電流などの悪影響を効果的に抑える。(2023/6/2)

バッファロー、4基の可動アンテナを搭載したWi-Fi 6E対応のハイスペック無線LANルーター
バッファローは、Wi-Fi 6E接続に対応したハイスペック仕様の無線LANルーター「WXR-11000XE12」を発表した。(2023/4/19)

組み込み開発ニュース:
フッ素フィルムを用いた薄型軽量のアンテナ一体型高周波伝送路を開発
天竜精機は、フッ素フィルムを用いた「アンテナ一体型高周波伝送路」を開発し、近畿大学と連携した試験運用で5G対応端末への適応を確認した。フィルム表面を平滑に保ったまま結合できるため、高周波でも損失が少ない。(2023/4/19)

Amazonの衛星インターネット、24年後半から 最大1Gbps、Starlinkより小さなアンテナも
米Amazonは、衛星インターネットサービス「Project Kuiper」で使用する3種類のアンテナを公開した。Kuiperは2023年末までに衛星の大量生産を開始し、24年前半に最初の量産衛星を打ち上げるという。24年後半には一部ユーザーにサービス提供を予定している。(2023/3/16)

STマイクロ BALFHB-WL-0xD3:
アンテナ整合用のRF集積型受動デバイス
STマイクロエレクトロニクスは、アンテナ整合用のRF集積型受動デバイス9製品を発表した。アンテナインピーダンス整合回路やバラン、高調波フィルター回路を1チップに集積している。(2023/3/16)

TP-Link、アンテナ6基を備えたWi-Fi 6E対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、トライバンド接続をサポートしたWi-Fi 6E対応無線LANルーター「Archer AXE75」を発表した。(2023/3/2)

STマイクロ MLPF-NRG-01D3、MLPF-WB-02D3:
Bluetooth LE SoC、マイコン向けアンテナ整合IC
STマイクロエレクトロニクスは、同社のBluetooth Low Energy SoCやワイヤレスマイクロコントローラーに最適化したアンテナ整合IC「MLPF-NRG-01D3」「MLPF-WB-02D3」を発表した。(2023/2/28)

組み込み開発ニュース:
フジクラが60GHz帯ミリ波無線通信モジュール高感度版を開発、長距離伝送に対応
フジクラは、km級の長距離到達性能を持つ60GHz帯ミリ波無線通信モジュール高感度版を開発した。周波数を61〜71GHzに限定して酸素吸収による減衰を抑え、アンテナを最適設計することにより、到達性能の長距離化を図っている。(2023/2/21)

房野麻子「モバイル新時代」:
ミリ波を“折り曲げ”てエリア拡大 ドコモの「透過型メタサーフェス」
docomo Open House’23では、扱いにくいとされるミリ波(28GHz帯)の電波を届けるアンテナや、屋内の電波を屋外の建物の足元に届けるフィルムなど、一見地味ながらもユニークな技術が展示(2023/2/20)

凸版印刷、紙基材NFCタグラベル:
プラスチック非使用の環境配慮型NFCタグ
凸版印刷は、紙素材をアンテナ基材に用いた、環境配慮型NFCタグラベルの販売を開始した。プラスチック非使用ながらNFCタグとしての通信性能を保っていて、ラベルの厚さも30%削減した。(2023/2/16)

回路規模を従来装置の10分の1に:
5Gマルチセクターアンテナ屋内基地局装置を開発
横浜国立大学とNTTドコモ、日本電業工作および富士通は、マルチセクターアンテナを実装した5Gマルチセクターアンテナ屋内基地局装置を共同開発し、28GHz帯の電波を用いた通信の実証実験に成功した。従来装置に比べ回路規模を約10分の1に小型化している。(2023/2/2)

Innovative Tech:
バッテリーなしで無線送信できる装置 “ほぼ電力不要”で最大距離7mを達成 米ワシントン大が開発
米ワシントン大学に所属する研究者らは、抵抗とアンテナをつなぐスイッチを接続・切断するだけで、情報を無線送信できる新しい超低消費電力通信方式を提案した研究報告を発表した。(2023/2/1)

照明の省エネ化に貢献:
高効率で高い指向性のナノアンテナ蛍光体を開発
京都大学工学部/大学院 工学研究科は2023年1月17日、助教の村井俊介氏らの研究グループが、高効率で指向性ある蛍光を放つ「ナノアンテナ蛍光体」の作製に成功したと発表した。(2023/1/31)

「麹町なだ万 福岡別邸」がオープン 食で福岡県の魅力を訴求
なだ万は、福岡県の多様な魅力を食を中心に発信するアンテナレストラン「麹町なだ万 福岡別邸」をオープンした。(2023/1/27)

石川温のスマホ業界新聞:
衛星インターネットサービス「Starlink」が大幅値下げ――光回線や宅内ルーターとも真っ向勝負の値付けに唖然
米SpaceXが展開する低軌道衛星インターネットサービス「Starlink」が突如月額料金を値下げした。日本でのサービス開始以来2度目の値下げとなる。サービスの利用に必要なアンテナとルーターのセットも期間限定で半額とするなど、ユーザーを思いきって獲得する姿勢が見受けられるのだが、ある程度ユーザーを獲得したら値上げするのではないかという不安もある。(2023/1/22)

「Starlink」大幅値下げ、衛星インターネットが月額6600円に アンテナも半額
米SpaceXは、同社が展開する衛星インターネットサービス「Starlink」の利用料を改定した。これまで月額1万1100円(サービス当初は1万3200円)だったベースプラン「レジデンシャル」の利用料を月額6600円に大きく引き下げた。(2023/1/13)

ユーブロックス ANT B11:
最小のBluetooth AoAアンテナボード
ユーブロックスは、Bluetooth AoAアンテナボード「ANT B11」を発表した。アプリケーションボードと組み合わせることで、屋内測位用のAoAのアンカーポイントとして機能する。(2023/1/11)

電気興業 ローカル5G向けミリ波アンテナ:
低損失基板採用のローカル5G向けミリ波アンテナ
電気興業は、回路での損失を削減する低損失基板を用いたローカル5G(第5世代移動通信)向けのミリ波アンテナを開発した。低損失基板の内装に給電線路を立体的に構築したことで、小型ながら不要放射を抑制し、アンテナ素子配置の自由度も向上している。(2022/11/24)

ものになるモノ、ならないモノ(93):
テスラ車オーナーによる、衛星インターネット「Starlink」導入レポート! 気になる使い心地は?
衛星インターネットのStarlinkがサービスを開始した。通信速度は? 遅延は? 設置場所の最適解は? アンテナの方角は? 気になる点について、早速導入した筆者の使用レポートをお届けする。(2022/11/17)

Snapdragon Summit 2022:
Qualcomm、AI強化のハイエンドSoC「Snapdragon 8 Gen 2」発表 2022年内に対応スマホ登場
Qualcommがモバイル向けの最新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 2」を発表した。主にAI機能やネットワーク通信機能が強化されているのが特徴で、同SoCを搭載した最初の製品は2022年内に登場する見込みだ。AI機能を用いてアンテナ間における5G通信を最適化し、上りと下りともにパフォーマンスを向上させる。(2022/11/16)

ローデ・シュワルツ R&S ARC-TEMP、R&S ARC-FX90:
車載レーダー用テストシステム対応オプション
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、同社の車載レーダー用テストシステム「R&S ATS1500C」の拡張機能として、「R&S ARC-TEMP温度試験オプション」「R&S ARC-FX90汎用フィードアンテナ」を追加した。(2022/10/19)

CEATEC 2022:
基地局を増やさずに電波を分配、DASがローカル5Gを低コストで柔軟構築
東芝は「CEATEC 2022」(10月18〜21日、幕張メッセ)において、ローカル5G向け分散型アンテナシステム「DAS(Distributed Antenna System)」の試作機を展示した。2023年度の市場投入を予定している。(2022/10/19)

日清紡マイクロデバイス NJR4267:
24GHz帯ドップラーセンサーモジュール
日清紡マイクロデバイスは、移動体検知向けの24GHz帯ドップラーセンサーモジュール「NJR4267」シリーズを発表した。17.2×25×3mmと小型ながら、マイクロ波回路やアンテナ、制御および信号処理向けMCUを搭載する。(2022/10/12)

ドコモが5G対応ホームルーター「home 5G HR02」を発表 Wi-Fi 6やWi-Fi EasyMeshに対応
NTTドコモが、5G対応ホームルーターの新モデル「home 5G HR02」を2023年2月以降に発売する。本体に4つのアンテナを4方向に配置し、最も好条件のアンテナを選択することで良好な通信を確保する。本体の状態が分かりやすくなるよう、LEDの表示を改善した。(2022/10/6)

TP-Link、Wi-Fi 6子機「Archer TX20U Plus」とナノサイズWi-Fi子機「Archer T3U Nano」を発売
ティーピーリンクジャパンは、デュアルアンテナ搭載USB Wi-Fi 6子機「Archer TX20U Plus」とナノサイズのUSBドングル型Wi-Fi子機「Archer T3U Nano」を10月27日に発売する。(2022/9/29)

SABIC LNP THERMOCOMP ZKC0CXXD:
車載用GNSSアンテナ向けコンパウンド
SABICは、第2世代の車載用GNSSアンテナ向けコンパウンド「LNP THERMOCOMP ZKC0CXXD」「LNP THERMOCOMP ZKC0DXXD」を発表した。入り組んだパターンマーキングを有する、アンテナ基板の設計や成形に対応する。(2022/9/29)

組み込み開発ニュース:
アンテナへの給電および接続検知が可能なLDO、A-Dコンバーターが不要
ミツミ電機は、アンテナなどへの給電および接続検知が可能な高耐圧レギュレーターIC「MM4007」を開発した。検知信号がデジタル出力となっており、A-Dコンバーターが不要となっている。(2022/9/22)

Innovative Tech:
SpaceXの衛星インターネット「Starlink」へのサイバー攻撃、25ドルの自作ツールで成功
べルギーの研究者Lennert Wouters氏は、衛星インターネットサービス「Starlink」へのハッキングに成功し、その脆弱性を指摘した。衛星との送受信にStarlinkユーザーが使う専用アンテナ内の基板に自作したカスタム回路基板を取り付ける方法で攻撃を行う。(2022/8/19)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント技術により衛星の大型アンテナアレイに必要な部品を生産
3D Systemsの「DMP Factory 500」ソリューションが、Airbus Defence and SpaceのOneSat型衛星の部品生産に採用された。エンドツーエンドの積層造形ソリューションを設計し、衛星の大型アンテナアレイに必要な部品の生産に成功した。(2022/8/8)

現場管理:
古野電機、ビル現場のケーブル接続アンテナを用いた無線LANシステム実証
古野電気は、ビル現場のケーブル接続アンテナを用いた無線LANシステムの実証実験を実施した。詰所やビル現場の階段室、地上5階にアクセスポイントを設置し、地下2階から地上6階までの無線LAN環境を構築している。(2022/7/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。