ITmedia NEWS >
レビュー
» 2015年08月13日 10時00分 公開

オンライン動画サービス特集:実はドコモユーザー以外も使える! 月500円でオリジナル作品も充実の「dTV」 (2/3)

[今西絢美,ITmedia]

スマホやタブレットに加え、PC、テレビでの視聴に対応

 対応デバイスは、iOS 7以降のiPhone、iPad、Android 4.0以降のスマホ/タブレット、Windows 7以上、Mac OS X 10.8以上のPC、SmartTV dstick、Chromecast、Apple TVに加え、dTV対応テレビやdTV専用端末「dTVターミナル」(6980円)などがある。

photo PCでの再生にはMicrosoft Silverlight 5以上のインストールが必要だ

独自コンテンツのラインアップが豊富

 国内外の映画、ドラマ、アニメ、音楽に加え、エイベックス通信放送が提供する携帯電話専門の動画配信サイト「BeeTV」のコンテンツなど、ラインアップは幅広い。「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」(8月15日配信開始)や「みんなエスパーだよ!-欲望だらけのラブ・ウォーズ-」(8月19日配信開始)など、テレビでは見られない人気作品の独自コンテンツをそろえる。

photo dTVでしか見られないオリジナルコンテンツが充実!

 海外ドラマにおいても、「ウォーキング・デッド」のシーズン6を日本最速で放送するなど、ほかの動画配信サービスに先駆けて配信する作品もある。

photo 「FOXチャンネル」は今年4月にdTVに登場したチャンネル。ウォーキング・デッド見たさにdTVを契約した人も多いと聞く

 「音楽」では、ミュージックビデオやライブ映像、「a-nation studium fes.」の独占生配信などもある。カラオケ用のビデオも配信されており、家のテレビに映してみんなでカラオケを楽しむこともできる。

photophoto ミュージックビデオのラインアップは、エイベックス所属のアーティストや若い世代に人気がある歌手など、やや偏りがある(左)。カラオケの練習もできるのは面白い(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.