ITmedia NEWS >
インタビュー
» 2016年01月12日 06時00分 公開

CES 2016:4K/HDRに有機EL、そして「Playstation VR」――ソニーの戦略を幹部の発言から読み解く (2/3)

[山本敦,ITmedia]

有機ELを手がけるかどうかは「コスト面と大画面化技術のブレークスルーが鍵」

 現在LGエレクトロニクスがワイドにラインアップを展開し、パナソニックも北米向けにデバイス技術の紹介を行った有機ELテレビについて、ソニーが今後手がける可能性はあるのだろうか。

 これについて高木氏は、デバイスの選択肢としては常に持っているが、現在のソニーが目指すブランディングの方向性である「大画面&高画質」のトップ・プライオリティにそぐわないという考えを述べている。「有機ELがコストの面でターゲットに入ってきて、大画面化ができるようになれば選択する可能性もあるが、現状では独自技術の『Backlight Master Drive』を搭載する液晶テレビの優位性が勝っていると判断している」(高木氏)

メイン会場のラスベガス・コンベンションセンターの最も目立つ場所にあるバナーをソニーがジャックした

Ultra HD BDの再生機は「適切なタイミングを待つ」

 ソニーの展示では4K/HDRテレビに関する話題は充実していたたものの、コンテンツやパッケージメディアを再生するためのUltra HD Blu-ray Discプレイヤーに関するアナウンスが弱かったように感じる。平井氏は「Ultra HD Blu-rayDiscプレイヤーについては、これから市場があると判断ができれば商品化することもあり得るが、対配信サービスとの動向を見ながら検討していきたい」と述べるに止めた。また高木氏は次のようにコメントしている。

 「パッケージメディアについては、ソニーが以前から業界のリーダーシップを取ってきたので、4K/HDR以後も中心的な役割を果たしていきたい。ただ、今は限られたリソースと時間をテレビなどのアウトプットデバイスに選択集中する時期と考える。対するプレーヤー系製品は『次の課題』。最近はビデオレコーダーの商品サイクルが鈍化しているという意見もいただいているが、これも含めて、ユーザーに対してメーカーとして適切なタイミングでよい製品を提供しなければならないと感じている」(高木氏)

コンテンツ配信サービス

 昨年は日本国内でも音楽・映像の定額制配信サービスが立ち上がり、一定の認知を得るまでに至った。これからますますサービスが充実してくれば、ソニーのハード機器に好影響をもたらすことも有り得ると、同社の幹部は考えているのだろうか。高木氏は「コンテンツに対するアクセシビリティが上がれば、もちろんハードの楽しみ方、あるいは楽しめる場面が増えてハードにも良い影響がある」としながらポジティブな姿勢を打ち出している。

 一方で、昨年秋に発売されたハイレゾ対応ウォークマンの上位モデル「NW-ZX100」では、前機種の「NW-ZX1」に搭載されていたネットワーク信機能やAndroid OSのプラットフォームが省略されてしまった。音楽配信のストリーミングをウォークマンを使って良い音で聴くという楽しみ方ができる製品が減ってしまったというわけだ。Android搭載ウォークマンはこれからどうなってしまうのだろうか。

北米市場に向けたハイレゾの展開はh.earが軸になる

 「ウォークマンでのAndroid搭載の有無については商品戦略の判断で決めてきたこと。NW-ZX100では操作性のメリットからAndroidを採用しなかったが、だからといってソニーのハード機器が音楽配信にネガティブだという意味にはならない。今後もどういった使い勝手の製品が我々の商品戦略に合うのか、自らしっかりとした判断基準を持ちながら開発していきたい」(高木氏)

ソニー・ピクチャーズホームエンタテインメントがアメリカでサービスを始める動画配信「ULTRA」

 ソニーが実施したプレスカンファレンスの中で「ULTRA」という名前の、ソニー・ピクチャーズホームエンタテインメントがアメリカを中心に提供する4K動画配信サービスが発表された。同様のサービスが日本国内でソニーから提供されることはあるのだろうか。これについては平井氏が次のように答えている。

 「国内では4K放送のほか、NetflixやAmazonなど“ノン・ソニー”のブランドから4K配信が立ち上がりつつある。ソニーグループとしてはプラットフォームにコンテンツを供給する側にまわりながら、4K動画配信のサービスを盛り上げていきたい」という平井氏は、今後自社でプラットフォームを立ち上げることについては消極的な考えを示しながら、あくまで採算ベースの議論を進めて判断すべきとの見解を強調した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.