ニュース
» 2008年02月22日 10時55分 公開

知られざる「プラチナカード」の世界“セレブ向けカード”の実態とは?(2/2 ページ)

[クレジットカード特集取材班,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

ポイント交換賞品もラグジュアリー!

 プラチナカード会員は、クレジットカードを非常にたくさん利用する人達なので、ポイントプログラムでたまるポイントも非常に多い。そこで、交換用賞品もプラチナカード専用のものが用意されている。例えば、アメックス・プラチナでは、過去にはポイントをフェラーリに交換した人もいたそうだ。それだけポイントがたまることもすごいが、それよりも何よりも、フェラーリを交換アイテムとして用意していることに、さすがと感じずにはいられない。他に、「宇宙旅行に交換できる」というのもアメックスのポイントプログラムでは有名な話だ。その一方ではヨドバシポイントへの即時交換という庶民的なサービスも提供しているあたりに、懐の深さを感じる。

 以上、プラチナカードの特徴を紹介した。色々と話を聞いていると、さまざまな嗜好に対応した魅力的なサービスを提供するために、各社が工夫を重ねていることがよく分かった。実際、何かにつけてかなり細かいところまで気を遣った対応をしており、例えばレストランカタログやインビテーションDMなども、明らかに紙の質から違う。

左がゴールド会員に送られる「IMPRESSION GOLD」、右がプラチナ会員に送られる「DEPARTURES日本語版」。中もまったく違うのだが、お見せできなくて残念

 ステイタスというのは、こんなちょっとしたところからも醸し出されるものなのだろう。おそらく、(筆者を含め)ほとんどの人には一生関わりのないサービスだろうが、取材していてとても面白かったことを告白しておく。

プラチナ・ブラックカード一覧

カード名 発行会社 年会費 取得方法
The Class ジェーシービー 5万2500円 JCBゴールドカード会員の中から独自審査の上招待
三井住友VISAプラチナカード 三井住友カード 5万2500円 三井住友VISAゴールドカード会員の中から独自審査の上招待
シティVISAプラチナカード シティカード 5万2500円 シティゴールドカード会員の中から独自審査の上招待
アメリカン・エキスプレスプラチナカード アメリカン・エキスプレス 調査中 アメックスゴールドカード会員の中から独自審査の上招待
セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード クレディセゾン 2万1000円 Webサイトなどから申し込み
SBIプラチナカード SBIカード 3万1500円 Webサイトなどから申し込み
ダイナースクラブプレミアムカード シティカード 10万5000円程度(編集部調べ) ダイナースクラブカードの利用実績に応じて招待
アメックス・センチュリオンカード アメリカン・エキスプレス 36万7500円程度※(編集部調べ) アメックスプラチナカード会員の中から独自審査の上招待
※記事掲載時にはアメックス・センチュリオンの年会費が16万円と書きましたが、その後値上がりしたことが判明しました。詳細は別記事でフォロー予定です。

“インビテーションなし”で持てるプラチナカードとは?

 本文ではプラチナカード取得の条件について「プロパーのゴールドカード会員の実績がある人の中から、カード会社が独自審査の上インビテーション」と説明した。

 プラチナカードとはもともと“そういうもの”なのだが、実は例外的にインビテーションを待たずに、自分で申し込めるプラチナカードも存在する。上の表の中に「Webサイトなどから申し込み」と書かれているのがそれだ。

 1つはSBIカードの「SBIプラチナカード」。国際ブランドはマスターカードで、年会費は3万1500円(家族会員1名までは無料)。20代でも申し込める。海外の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」が利用でき、国内・海外旅行傷害保険は家族特約付きで最高1億円。カード素材にプラチナを使っているのもユニーク。

 またSBIカードに共通する(プラチナに限らず)特徴として、ポイントに応じたキャッシュバック制度をとっていること、支払日・金額・口座を自分で指定できること、家族会員(ファミリーカード)が最大10枚まで発行できることなどがある。通常家族会員になるには「生計を共にしている」「姓が同じ」などの条件があるのだが、SBIカードのファミリーカードはそのあたりの条件がなく、家族でなくても家族会員にできるところが面白い。

 もう1つが、クレディセゾンとアメリカン・エキスプレスの提携カードである「セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」。年会費2万1000円と、プラチナカードとしては破格の安さだ。筆者が知る限り最も安いプラチナカードである。

 年会費は安くても、アメリカン・エキスプレスのプラチナカード向けサービス(コンシェルジュデスク、会員向け優待、ショッピングプロテクションなど)が使える上、レンタカーの「ハーツ No.1 クラブゴールド」会員資格、コナミスポーツクラブの会員資格(利用料のみ、会費無料)が付いてくるなど、付帯サービスは驚くほど充実している。また、セゾンカードの永久不滅ポイント対象になるほか、一般のセゾンカードよりポイントの換算率がいいのもうれしい。

 こういったユニークなカードについては、別記事「誠世代のカード整理術(後編)」でも紹介しているので、そちらも参照してほしい。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -