ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製品開発ストーリー:
aiwaブランドのデジタル機器が今夏発売――開発したJENESISに聞く舞台裏
受託開発・製造業のJENESISはaiwaブランドによるデジタル機器の製造および販売を発表した。スマートフォン、スマートウォッチ各1機種とタブレット端末4機種を2022年8月から販売開始する。IoT業界の黒子として知られる同社がaiwaブランドを獲得した経緯や開発の舞台裏について取材した。(2022/6/30)

SaaSに続く成長事業を目指す:
クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企業や地方自治体の利用を想定。(2022/7/4)

ブランド米の魅力を発信:
ローソン、日本各地のブランド米を使用したおにぎりを発売 第一弾は北海道産「ふっくりんこ」
ローソンは日本各地のブランド米を使用したおにぎりを発売する。ブランド米の魅力を発信していく。第一弾は北海道産「ふっくりんこ」を使用した2品。(2022/7/4)

大胆でクリエイティブな仕掛けが構築できる:
Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 「ブランドいいね」の提供を開始。(2022/7/4)

23年春の開業予定:
三井不動産、初の「ららぽーと」「アウトレット」複合施設 大阪・門真市にオープンへ
三井不動産は7月4日、「三井ショッピングパーク ららぽーと」と「三井アウトレットパーク」の両ブランド複合型の商業施設を大阪府門真市にオープンすると発表した。推進中の「(仮称)大阪府門真市松生町商業施設計画」の一環。施設名称は「三井ショッピングパーク ららぽーと門真」と「三井アウトレットパーク 大阪門真」(MOP大阪門真)で、2023年春の開業を予定している。(2022/7/4)

石野純也のMobile Eye:
“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は?
JENESISがアイワからライセンスを取得し、aiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットを8月に発売する。JENESISは深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。(2022/7/2)

今日のリサーチ:
残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。(2022/7/1)

Marketing Dive:
ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディダス。長い歴史の中でファンの心をつかむためにどのようなことをやってきたのか。(2022/7/1)

Twitterの「いいね」広告主がカスタマイズ ドラクエのスライム型も……「ブランドいいね」開始
Twitterの「いいね」の形を、広告主が独自のアニメーションにカスタマイズできる「ブランドいいね」の提供がスタート。(2022/7/1)

MERCUSYS、実売8000円切りのエントリーWi-Fi 6対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、中国MERCUSYSブランド製のエントリーWi-Fi 6対応無線LANルーター「MR70X」の国内取り扱いを発表した。(2022/7/1)

VAIOが「25周年記念サイト」を開設 オリジナルグッズや割引クーポンが当たるSNSキャンペーンも開催
2022年は、VAIOブランドが誕生してから25周年を迎えるメモリアルイヤーだ。それを記念して、VAIOが特設サイトを開設した。合わせて、抽選でオリジナルグッズなどが当たるSNSキャンペーンも開始した。(2022/7/1)

Marketing Dive:
「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポーツ文化に影響を与えてきた。今後どちらが優位に立つのだろうか。(2022/6/30)

熱中症対策にも:
デカビタCとDAKARAがコラボ! サントリー、サウナ後に飲むドリンク「DEKARA」発売
サントリー食品インターナショナルは、ロングセラーブランド「デカビタC」と、「GREEN DA・KA・RA(グリーン ダ・カ・ラ)」の2つがコラボした新・炭酸飲料「DEKARA(デカラ)」を発売すると発表した。(2022/6/30)

スマートドリンキングを推進:
渋谷に「飲めない人のバー」 微アルコール元祖のアサヒビール、狙うは1330万人の未開拓市場
「“飲めない人”が主導権を握れるバー」──。アサヒビールと電通デジタルが共同で設立したスマドリが、6月30日から渋谷センター街にオープンする「SUMADORI-BAR SHIBUYA」を、同社のブランドマネジャー加藤寛康さん、京谷めいさんはそう表現する。今回のバー出店の背景には、アサヒが推進しているプロジェクト「スマートドリンキング」がある。(2022/6/30)

ソニー、プロゲーマーの「勝利の女神」となるか PCゲーム機器市場に参入
ソニーが、PCゲーム向け映像・音響機器市場に参入する。新ブランド「INZONE」を立ち上げ、7月8日にはモニター、ヘッドセットの新製品を発売。新型コロナウイルス禍を契機とするゲーム需要の増加や、「eスポーツ」人口の拡大が背景にある。(2022/6/30)

ハードウェアレイトレーシング搭載:
Arm、スマホ向けのフラグシップGPUを発表
Armは、スマートフォン向けに新ブランドのフラグシップGPU「Immortalis(イモータリス)」を発表した。Armとしてはハードウェアレイトレーシングを搭載した初めてのGPUとなる。(2022/6/30)

ソニーが「INZONE」でPCゲーミング市場に本気攻勢! 新型ディスプレイとヘッドフォンを投入した理由
ソニーがゲーミングギア業界への参入を表明し、第ゲーミング液晶ディスプレイとヘッドセットの発表を行った。新たに立ち上げた「INZONE」ブランドの由来など、発表会の模様をお届けする。(2022/6/29)

「aiwaデジタル」誕生 Androidスマホ、Windowsタブレット、スマートウォッチなどを投入へ
JNSホールディングス傘下のJENESISが、アイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得した。「aiwaデジタル」シリーズとして、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsタブレット、IP67対応のスマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

新生「aiwaデジタル」誕生 8月にAndroidスマホ/タブレット、スマートウォッチを投入
JENESISが6月29日、オーディオメーカーのアイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得したことを発表した。2022年8月(予定)から、新生「aiwaデジタル」シリーズの製品を順次販売する。第1弾商品として、フラグシップのAndroidタブレット、スマートフォン、スマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

星野リゾート、熊本に都市観光ホテル「OMO5熊本」23年春開業 九州初展開
星野リゾートは6月27日、熊本市に都市ホテルブランド「OMO」の新施設「OMO5熊本(おもふぁいぶ) by 星野リゾート」を2023年春に開業すると発表した。(2022/6/29)

ソニー、PCゲーム周辺機器の新ブランド立ち上げ 4Kモニターとヘッドセット投入 やっぱり光る
ソニーは29日、ゲーミング機器の新ブランド「INZONE」(インゾーン)を立ち上げ、モニター2種とヘッドセット3種を7月8日から順次発売すると発表した。世界的eスポーツ大会への協賛なども行う。(2022/6/29)

「+メッセージ」がLINEMOやワイモバでも利用可能に ソフトバンク回線のMVNOも対応
ソフトバンクが、メッセージサービス「+メッセージ」を、サブブランド「LINEMO」「Y!Mobile」や、同社の回線を使ったMVNOサービスでも使えるようにした。これまではメインブランドの料金プランでのみ提供していた。(2022/6/28)

最新アプリが必要:
Y!mobileとLINEMOで「+メッセージ」が利用可能に ソフトバンク回線のMVNOサービスも対応
ソフトバンクにおける「+メッセージ」が、Y!mobile/LINEMOブランドと同社回線を利用するMVNOサービスでも利用できるようになった。新たに対応するブランドにおいて+メッセージを利用したい場合は、スマートフォンに最新版のアプリをインストール(更新)する必要がある。(2022/6/28)

7月1〜18日に開催:
3COINS、パクチー好きに訴求 原宿店でポップアップイベント開催
300円を中心としたアイテムをそろえる雑貨ブランド「3COINS」は、原宿本店でポップアップイベント「パクチーの世界」を7月1〜18日に開催する。(2022/6/27)

「アイデアピン」を広告に:
Pinterestが提供する広告主とクリエイターの協業の仕組み「アイデアアド」とは?
没入型全画面で複数の動画や画像を1つのアイデアとして表示した「アイデアピン」をブランドにタグ付け。そのまま広告として配信することも可能に。(2022/6/27)

石野純也のMobile Eye:
Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由
Xiaomiが、日本のPOCOブランドのスマートフォン「POCO F4 GT」を導入する。Snapdragon 8 Gen 1を搭載しながら7万4800円という価格は“激安”と言っても過言ではない。一方で、Xiaomi Japanは、ゲーミングスマートフォンというカテゴリーの端末として、POCO F4 GTを打ち出していくつもりはないようだ。(2022/6/25)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう
ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/6/25)

今日のリサーチ:
面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入したいという気持ちになるようです。もっとも「言うは易し、行うは難し」。成功のポイントは?(2022/6/24)

ASUS、最大4台のディジーチェーン接続が可能な27型WQHD液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、クリエイター向けブランド“ProArt”からディジーチェーン対応の27型WQHD液晶ディスプレイ「PA278CV」を発表した。(2022/6/24)

駅を環境エコ拠点に:
JR東、不要な衣服を駅で回収 「一風堂」などのユニフォームに再生
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインなどは、アパレルブランドを運営するオールユアーズと協業し、不要になった衣服を回収し再利用化する実証実験を始める。(2022/6/24)

「日本ユニシスがビプロジーに社名変更していた」尼崎USB事件で話題 34年続いた名称、今年変えた理由
兵庫県尼崎市で起きた、市民の個人情報入りUSBメモリ紛失事件。市の委託業者BIPROGY(ビプロジー)は、日本ユニシスが4月に社名変更した企業だ。34年続いたブランドを変えた理由は?(2022/6/24)

狙うは“原点回帰” テクノロジー愛好家向けブランド「POCO」を日本導入するXiaomiの狙いを聞く
Xiaomiが、第3のブランド「POCO(ポコ)」のスマートフォンを日本でも展開することになった。最新ハイエンドプロセッサであるSnapdragon 8 Gen 1を搭載しながらも、早期購入で7万円を切る価格で購入できることに驚くばかりだが、その狙いをXiaomiの担当者に聞いた。(2022/6/23)

Xiaomiの「POCO F4 GT」日本初上陸 Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から
予告されていた通り、中国Xiaomiから生まれたブランド「POCO」が日本に初上陸を果たした。日本で発売される最初のハイエンドスマートフォンは「POCO F4 GT」。Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から。(2022/6/23)

ITを使って「顧客忠誠度」を高める【前編】
新規開拓より高コスパ リピーターを賢く増やす「顧客忠誠度」の高め方
リピート顧客は新規顧客に比べて販売コストが低く、売上高が予測しやすい。顧客の再来を促すには、企業やブランドへの愛着や忠誠心を示す「顧客忠誠度」を高めることが重要だ。そのためには何ができるのか。(2022/6/23)

アウトドアブーム:
音響のオーディオテクニカ、アウトドア本格参入 焚火台、コーヒードリッパーなど3品発売
オーディオテクニカはアウトドアブランドを立ち上げた。第一弾として、焚火台やコーヒードリッパーなど3商品を発売する。機能性・収納性・耐久性を追求したオリジナル製品を開発し、需要の取り込みを図る。(2022/6/22)

AKRacing、有機ELパネルを採用した26.9型4Kゲーミングディスプレイ
テックウインドは、AKRacingブランド製となる有機ELパネル搭載26.9型4Kゲーミングディスプレイ「OL2701」の取り扱いを発表した。(2022/6/22)

ソニーが6月29日10時に“何か”を発表 ゲーミング関連製品か
ソニーが「Find Your New ZONE」というティーザーサイトを公開した。添付された画像を見る限り、6月29日10時にZONEという製品/ブランド名を含むゲーミング関連製品を発表するものと思われる。(2022/6/22)

Meta、クリエイター向け収益化ツールの使用料徴収開始を2024年まで延期
MetaのザッカーバーグCEOは、クリエイターからの“Meta税”徴収を2024年まで延期すると発表した。また、「リール」クリエイターへのボーナスプログラムやブランドとのマッチングサービスの計画も紹介した。(2022/6/22)

ブランド誕生1周年記念:
しまむら、「LOGOS」と共同開発したブランドに新アイテム ユーザーの声を反映
しまむらは6月22日、アウトドアブランド「LOGOS」と共同開発したオリジナルブランド「LOGOS DAYS(ロゴスデイズ)」の誕生1周年を記念したキャンペーンを開始する。(2022/6/22)

“ユーモア”のあるブランドになるために必要なものは? オラクル調査から見えた「求められるCX施策」
オラクルの調査によると、消費者の89%はユーモアのあるブランドを好む一方で、「自社の販売活動にユーモアを活用している」と答えたビジネスリーダーはわずか20%だった。企業はCX向上のために何をすべきか。(2022/6/22)

食事は「多すぎる」の声も:
コメダ珈琲、人気の要因はモーニング? スターバックスとの違いは
スパコロは「利用実態調査 コメダ珈琲店編」の結果を発表した。コメダ珈琲店の利用時に、比較対象となるブランド1位はスターバックスだった。両者の利用目的の違いとは?(2022/6/22)

コンビニエンスウェア:
ファミマ、キャンプやフェスで役立つ「レインポンチョ」発売 ラインソックスには新色
ファミリーマートは、オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」から、「ラインソックス」の新色や「レインポンチョ」など新商品7種類を6月21日より順次発売する。(2022/6/21)

物流のスマート化:
ネガティブな現場イメージ変える、地域に開かれた新コンセプトの物流施設
 物流施設の開発や運営を行う日本GLPは2022年6月15日、「GLP ALFALINK 茨木」(大阪府茨木市)と「GLP ALFALINK 尼崎」(兵庫県尼崎市)の開発計画に関する発表会を開催した。同社が展開する、地域に開かれた物流施設「ALFALINK(アルファリンク)」ブランドを冠する施設として建設される。(2022/6/21)

JT、430円の「キャメル・クラフト」に新銘柄 スーパースリム3商品を8月発売
JTは、キャメルブランドからスリムサイズの「キャメル・クラフト・スーパースリム」3銘柄を新たに発売すると発表した。(2022/6/20)

一般企業の1位は「ヤマト運輸」:
Webブランド調査2022、3位「Google」、2位「楽天」、1位は?
日経BPコンサルティングは、「Webブランド調査2022-春夏」の結果を発表。総合ランキングでは「Yahoo! JAPAN」が「2020-秋冬」調査以来の首位を獲得した。(2022/6/20)

Philips、144Hz駆動をサポートした27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、Philipsブランド製27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「279M1RV/11」の国内販売を発表した。(2022/6/20)

パナソニック、20代認知度わずか53% ブランド強化急ぐ
パナソニックホールディングスの独自調査で、日本国内の20代若年層における同社の認知度が53%だったことが分かった。ブランド戦略担当執行役員は「認知度の低さは将来の売り上げに影響する。少なくとも80%までは引き上げたい」とした。(2022/6/20)

約1万人に聞いた:
マンションに住みたい理由 2位「設備のメンテや清掃の負担が少ない」、1位は?
マイボイスコムがマンションに関する調査を実施。マンションに住みたい理由や、知っているマンションブランドなどを聞いた。(2022/6/19)

石野純也のMobile Eye:
ヒットする条件が整った「OPPO Reno7 A」 それでも“長く使う”上で気になる2つの課題
オウガ・ジャパンは、OPPOブランドの最新モデル「OPPO Reno7 A」を、6月23日に発売する。Reno Aシリーズの売りともいえる、サイフケータイや防水・防塵などの日本仕様は網羅している。一方で、Reno7 Aは、機能やスペックが“進化しただけでなく、日本市場に向けたローカライズも“深化”している。(2022/6/18)

色影マジックで小顔効果も:
KATE初の不織布マスク発売 ブランドパーパスは「メイクにもっと自由を」
カネボウ化粧品は「KATE(ケイト)」ブランド初となる不織布マスク「ケイト マスク F」(全4色)を、6月18日に数量限定で発売した。(2022/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。