ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デスクトップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
デスクトップ/液晶一体型PC - ITmedia PC USER
質問!デスクトップPC→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデスクトップPC関連の質問をチェック

Armアプリの開発を促進――米Microsoftが開発者向け小型PC「Project Volterra」を発表 2022年内に発売予定
Arm版Windows向けのアプリ開発を促進すべく、MicrosoftがSnapdragon搭載の小型デスクトップPCの開発を表明した。詳細は後日発表のようだが、2022年内の発売を予定しているという。(2022/5/25)

MINISFORUM、第11世代Core i5を採用したミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUM製となる第11世代Core i5搭載ミニデスクトップPC「TH50」の取り扱いを発表した。(2022/5/25)

Microsoft、開発環境をまるごとクラウドPCとして用意できる「Dev Box」発表
米Microsoftが、アプリケーションの開発環境をまるごと、クラウドPCのようなデスクトップ仮想化の仮想マシンとして用意できる「Microsoft Dev Box」を発表した。5月25日からプライベートプレビューの申し込みを受け付けている。(2022/5/25)

Microsoft、Snapdragon搭載ミニPC「Project Volterra」 AI開発者向け
MicrosoftはBuild 2022で、QualcommのSoCとNPU搭載のデスクトップPC「Projet Volterra」を発表した。開発者向けに年内に提供する。Arm版ツールキットもリリースし「AIアプリを構築してほしい」としている。(2022/5/25)

開発チームのための仮想デスクトップサービス:
MicrosoftがDev Boxを発表、プロジェクトごとの環境構築から開発者を解放
MicrosoftがMicrosoft Build 2022で、開発チーム向けの仮想デスクトップサービス、「Microsoft Dev Box」を発表した。開発者をプロジェクトごとの環境構築作業から解放し、コードを書く作業に集中できるようにするという。(2022/5/25)

「Windows 365」を使うメリットと2大プランの違い【前編】
クラウドPC「Windows 365」を使いたくなる“あのメリット”
「Windows 365」は「Windows」の仮想デスクトップを容易に利用できるようにするDaaSだ。エンドユーザーだけではなくIT管理者にとっても役立つ、Windows 365の主なメリットを説明する。(2022/5/25)

COMPUTEX TAIPEI 2022:
デスクトップ向け「Ryzen 7000シリーズ」は2022年秋発売 新しい「Socket AM5」「AMD 600シリーズチップセット」も登場
AMDがデスクトップPC向けの「Ryzen 7000シリーズ」を2022年秋に投入する。仕様の概要や対応チップセットに関する発表も行われたので、簡単にまとめる。(2022/5/23)

MSI、第12世代Core i7採用のクリエイター向けスリムデスクトップPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、スリム筐体を採用したクリエイター向けデスクトップPC「Creator P100X 12VTG-1094JP」を発売する。(2022/5/23)

MSI、第12世代Core i7搭載のスリムゲーミングデスクトップPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、スリム筐体を採用したゲーミングデスクトップPC「Trident X」シリーズに第12世代Core i7搭載の新モデルを追加した。(2022/5/23)

MicrosoftがWindows 11「Build 25120」をDevチャネルで公開 デスクトップにWeb検索ボックスを追加
米Microsoftは5月19日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview Build 25120」をDevチャネルで公開した。(2022/5/20)

96MBのL3キャッシュは効果あり? AMD 3D V-Cache搭載の「Ryzen 7 5800X3D」の実力をチェック!
AMDのデスクトップPC向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」は、独自の「3D V-Cache Technology」を活用してL3キャッシュを従来比で64MB増量したことが特徴だ。条件によっては上位の「Ryzen 9 5900X」を上回るパフォーマンスを発揮するという同CPUの実力を、実際にテストを通してチェックしていこう。(2022/5/20)

Minisforum、Ryzen 3採用のミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、Minisforum製コンパクトデスクトップPC「UM320」の取り扱いを発表した。(2022/5/18)

PR:仕事やゲーム、映像編集も万全! コスパ良好のデスクトップPC「mouse DT6-G [Windows 11]」を試す
ハイブリッドワークやおうち時間の増加でノートPCを手にした人が増えているが、やはりPCをさまざまな用途で快適に使いたいという場合は、デスクトップPCの方が同じコストを掛けても高性能なモデルが買える。今購入できる、お勧めの1台をピックアップした。(2022/5/18)

ASUS、第11世代Core採用のミニデスクトップPC「PB62」など3製品
ASUS JAPANは、第11世代Coreプロセッサを搭載したミニデスクトップPC「PB62」など計3製品を発表した。(2022/5/16)

TSUKUMO、Radeon RX 6400を搭載したエントリーゲーミングPCを販売開始 税込み10万4800円から
ヤマダデンキは、グラフィックスカードとしてRadeon RX 6400を標準搭載したエントリー構成のゲーミングデスクトップPC計2製品を発表した。(2022/5/13)

デスクトップのパフォーマンスをモバイルに――Intelが「第12世代Core HXプロセッサ」を発表
Intelが第12世代Coreプロセッサのラインアップを拡充し、モバイル環境でもデスクトップ並みのパフォーマンスが必要なユーザーに向けた「HXプロセッサ」をリリースした。搭載製品は順次登場する予定だ。(2022/5/11)

GeForce RTX 30シリーズに徹底対抗:
デスクトップ向け「Radeon RX 6000シリーズ」にリフレッシュモデル 日本では5月13日11時発売
AMDが、デスクトップ向けのRadeon RX 6000シリーズにリフレッシュモデルを追加した。動作クロックの向上とメモリのスピードアップによってパフォーマンスを改善したことが特徴だ。(2022/5/10)

大型連休の自由研究:
PCの快適さは増す? スリムデスクトップPCをグラボでパワーアップしてみた(実戦編)
約5年半前に発売されたスリムデスクトップPCをグラフィックスカードでパワーアップする――その計画を実行に移す時が来た。今回はAMD製GPUを搭載するグラフィックスカードを2枚用意し、実際に組み込んでテストしてみる。(2022/5/8)

Firefoxもバージョン100に 約17年のロゴ変遷を振り返る動画を公開
Chromeに続き、Firefoxもバージョン100になった。デスクトップ版で動画をピクチャーインピクチャーにしても字幕を表示できる機能などが追加された。Mozillaは17年のロゴ変遷を振り返る動画も公開した。(2022/5/4)

大型連休の自由研究:
PCの快適さは増す? スリムデスクトップPCをグラボでパワーアップしてみた(検討編)
手持ちのPCをパワーアップしたい――方法はいろいろある。PCI Expressスロットを備えるスリムデスクトップPCを使っている場合は、GPU(グラフィックスカード)を増設するという選択肢を取ってみるのはどうだろうか。この記事では、スリムデスクトップPCに搭載できそうなグラフィックスカードを検討していく。(2022/4/29)

MSI、23.8型液晶一体型デスクトップPC「Modern AM242P」にCore i7構成モデルを追加
エムエスアイコンピュータージャパンは、23.8型液晶一体型デスクトップPC「Modern AM242P」のラインアップに公式ショップ限定構成モデルを追加した。(2022/4/26)

「Windows 365」の機能と使い方【前編】
「Windows 365 Cloud PC」と「Azure Virtual Desktop」の違いとは
MicrosoftのDaaS「Windows 365 Cloud PC」には、従来の仮想デスクトップ製品・サービスと同様の機能もあれば、特筆すべき違いもある。「Azure Virtual Desktop」(AVD)との違いを説明する。(2022/4/23)

Ryzen 7 5800X3D搭載デスクトップPCが各社から販売開始
AMD製CPUのRyzen 7 5800X3Dを採用したBTOデスクトップPCが各社から発表されている。(2022/4/22)

CHUWI、38mm厚の小型筐体を採用したCeleron搭載ミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、CHUWI INNOVATION製となるCeleron搭載ミニデスクトップPC「HeroBox」の取り扱いを開始する。(2022/4/22)

日本HP、第12世代Coreを採用したエントリークラスのデスクトップワークステーション
日本HPは、第12世代Coreプロセッサを標準搭載したエントリーワークステーション計3モデルを発表した。(2022/4/21)

MSI、11世代Core i5を搭載した23.8型液晶一体型デスクトップ
エムエスアイコンピュータージャパンは、23.8型フルHD液晶ディスプレイを備えた一体型デスクトップPC「Modern AM242P 11M-1441JP」を発表した。(2022/4/20)

MSI、第12世代Core i7+RTX 3060 Ti搭載のスリムゲーミングPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、スリム筐体を採用したミドルレンジクラスのゲーミングデスクトップPC「Trident AS 12TG-050JP」を発表した。(2022/4/19)

サードウェーブ、スリープフリークス監修のDTM向けデスクトップPC第2弾モデルを販売開始
サードウェーブは、DTMスクールを展開する「スリープフリークス」とのコラボレーションモデルとなるDTM向けデスクトップPCの販売を開始した。(2022/4/18)

サードウェーブ、Ryzen 5 4500/Ryzen 7 5700X搭載デスクトップPCの販売を開始 各ブランドから計12製品を投入
サードウェーブは、Ryzen 5 4500/Ryzen 7 5700Xを標準搭載したデスクトップPCの販売を開始した。(2022/4/15)

MSI、“ゲーミングノブ”を備えたハイスペックゲーミングPC「Aegis」新モデルを発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、ユニークなデザイン筐体を採用したハイスペック仕様のゲーミングデスクトップPC「Aegis Ti5 12VTE-046JP」を発表した。(2022/4/15)

マウス、「mouse」ブランド製デスクトップPCの付属キーボード/マウスがワイヤレスに
マウスコンピューターは、同社「mouse」ブランド製デスクトップPCに付属するキーボード/マウスの仕様変更を発表した。(2022/4/14)

ECS、Athlon/Ryzenを搭載した33mm幅の小型デスクトップPC
台湾Elitegroup Computer Systemsは、33mm幅のスリム筐体を採用した小型デスクトップPC「LIVA One A300」を発表した。(2022/4/13)

サイコム、キャプチャーカードを標準搭載した実況配信向けの水冷デスクトップPC
サイコムは、高画質録画やライブ配信での利用を想定した水冷使用のハイエンドデスクトップPC「Lepton Stream Box WS3100Z690-A/D4」を発売する。(2022/4/13)

TSUKUMO、NVIDIA RTX/Quadroを搭載できる「プロフェッショナルGPUモデル」3機種を販売開始
ヤマダデンキは、NVIDIA製プロフェッショナル向けグラフィックスカードの搭載に対応したBTOデスクトップPC計3機種を発表した。(2022/4/13)

DuckDuckGoのデスクトップWebブラウザ、まずはMac版をβで
プライバシー重視検索で知られるDuckDuckGoが、初のデスクトップ向けWebブラウザを発表した。まずはMac向けβをリリースする。現在ウェイティングリストに参加できるようになっている。(2022/4/13)

TSUKUMO、第12世代Coreプロセッサを採用したクリエイター向けエントリーデスクトップPC
ヤマダデンキは、ミドルタワー型筐体を採用したクリエイター向けデスクトップPC計2製品を発売した。(2022/4/8)

サードウェーブ、GeForce RTX 3090 Ti搭載ゲーミングデスクトップPC 4月22日に受注開始
サードウェーブは、ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズからGeForce RTX 3090 Ti搭載ハイエンドモデルを発売する。(2022/4/8)

TSUKUMO、Ryzen 7 5700Gを搭載したスリムデスクトップPCを販売開始
ヤマダデンキは、スリム筐体採用デスクトップPC「TSUKUMO PC SLIM」のラインアップにAMDプロセッサ採用の新モデルを追加した。(2022/4/7)

G-Tune、ハイエンドゲーミングPC「G-Tune HP-Z」にCore i9-12900KSを搭載した上位構成モデルを追加
マウスコンピューターは、同社製ハイエンドゲーミングデスクトップPC「G-Tune HP-Z」の販売ラインアップにCore i9-12900KS搭載の上位構成モデル「G-Tune HP-Z-H」を追加した。(2022/4/6)

モバイルデバイスでの仮想デスクトップ利用に取り組むSamsung
PCはもういらない? 「Galaxy」のサブディスプレイ化がVMware Horizonで可能に
Samsungは「Galaxy」シリーズと外付けディスプレイの組み合わせで、「VMware Horizon」の仮想デスクトップを利用可能にした。PCなしでのデュアルディスプレイを実現する、この機能の意味とは。(2022/4/6)

AMD、Ryzen 7 5700Xなど5製品の国内販売情報をアナウンス
AMDは、エントリー/ミドルレンジ向けデスクトップRyzenプロセッサ5製品についての発売情報を告知した。(2022/4/5)

MINISFORUM、Ryzen 7搭載ミニデスクトップPC「EliteMini B550」の予約受付を開始
MINISFORUMは、Ryzen APUを標準搭載したミニデスクトップPC「EliteMini B550」の予約受付を開始した。(2022/4/4)

Arcファミリー「A-シリーズ」:
インテル、ノートPC向けGPUファミリーを発表
インテルは、ノートPCに向けたGPUファミリー「Arc A-シリーズ」を発表した。同社として初めてとなる外付けGPU製品。デスクトップPCやワークステーション向けGPU製品も2022年内に発売する予定である。(2022/4/1)

インバースネット、GeForce RTX 3090 Ti搭載ゲーミングPCを販売開始 49万9800円から
インバースネットは、FRONTIERブランド製BTOデスクトップPCのラインアップにGeForce RTX 3090 Ti搭載モデル3製品を追加した。(2022/3/30)

デル、第12世代Coreを採用した中小企業向け「Vostro」シリーズを販売開始
デル・テクノロジーズは、中小企業向けPC「Vostro」シリーズに第12世代Coreプロセッサ採用のノートPC/デスクトップPC計4モデルを追加した。(2022/3/29)

米Intel、デスクトップ向け第12世代Core最上位モデル「Core i9-12900KS」を発表 最大5.5GHz動作を実現
米Intelは、デスクトップ向け第12世代Coreプロセッサ「Core i9-12900KS」の詳細を発表した。(2022/3/29)

Windows 11が要件を満たさないPCに「透かし(ウォーターマーク)」を表示する予定 どうすればいい?
MicrosoftがInsider Previewユーザーの一部に提供している「Windows 11(ビルド22000.588)」において、動作要件を満たしていないPCのデスクトップ画面に要件を満たしていない旨をウォーターマーク(透かし)表示する取り組みを始めた。今後、一般ユーザーにもこの表示が展開される予定だが、表示されたらどうすればいいのだろうか……?(2022/3/28)

Tech TIPS:
【Windows 11】「仮想デスクトップなんて」と言わずに知ってほしい、けっこう便利な活用法
ビデオ会議や複数の仕事を変更して行う際など、仮想デスクトップを活用すると無駄なウィンドウ切り替えが減らせ効率が上げられる。Windows 11では、仮想デスクトップごとに壁紙の画像が変更できるようになるなど、使い勝手が向上している。Windows 11の仮想デスクトップの基本的な使い方を紹介しよう。(2022/3/28)

Maxtang、サイネージ用途にも向く法人向けのCeleron/Core i5搭載ミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、Maxtang製となるミニデスクトップPC「MTN-GL50」「MTN-TL50」の取り扱いを開始する。(2022/3/25)

デル、第12世代Coreプロセッサを採用した24型/27型液晶一体型デスクトップPC
デル・テクノロジーズは、狭額縁のスリム筐体を採用した24型/27型液晶ディスプレイ一体型デスクトップPCを発売した。(2022/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。