連載
» 2012年01月06日 08時25分 UPDATE

ちきりん×中田宏、政治家を殺したのは誰か(1):“でっち上げ記事”を書かれたら、どうすればいいのか (5/5)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ちきりん:現実には役立たないような単純なもの以外には、そんな簡単な答はないはずなのに、そういうキレイなモノだけを受け入れようとする。誰もが合意できるコト以外は扱わなくなる。一種の“客観病”にかかっているというわけですね。

中田:マスコミは特に客観性が求められていますよね。自分たちにも求めるし、他人にも求める。

ちきりん:とはいえ、最近のマスコミって「おおっぴらに偏った意見を書いているなあ」と思うことも多いです。

 「自分たちは○○党の候補者の考えを支持している」とあからさまにわかるような文章を書きながら、一方で「客観性が大事だ」と言い、「権力をチェックするのが使命」と言いながら、「オフレコと言われたことは書かないですから安心してください!」と誓っていたりする。ちょっとヘンですよね(笑)。

続く

2人のプロフィール:

ちきりん

兵庫県出身。バブル最盛期に証券会社で働く。米国の大学院への留学を経て外資系企業に勤務。2010年秋に退職し“働かない人生”を謳歌中。崩壊前のソビエト連邦など、これまでに約50カ国を旅している。2005年春から“おちゃらけ社会派”と称してブログを開始。著書に『自分のアタマで考えよう』『ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法』がある。Twitterアカウントは「@InsideCHIKIRIN

 →Chikirinの日記

 →中田宏さんと対談しました!(Chikirinの日記)

中田宏(なかだ・ひろし)

衆議院議員(3期)を経て、平成14年に横浜市長に就任し2期務める。横浜市の累積借入金を約1兆円純減、ごみ排出量40%削減、市営地下鉄、市営バス、水道局の黒字化など数々の改革を通し市財政を再建。現在、青山学院大学院などの客員教授を務めながら、全国各地での講演活動や本の執筆など多方面で活躍中。

2011年10月に発売された政治の利権構造を赤裸々に綴った『政治家の殺し方』(幻冬舎)は、Amazon.co.jpのベストセラー1位を獲得するなど好評を博している。


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ