ITmedia NEWS >
速報
» 2004年11月05日 15時42分 UPDATE

国内EIP市場規模は215億円

IDC Japanによれば、2003年の国内EIPソリューション市場規模は215億円で、2008年には314億円に達する見込みという。

[ITmedia]

 IDC Japanは11月4日、2003年における国内エンタープライズ情報ポータル(EIP)ソリューション市場規模実績と2008年までの市場規模予測を発表した。

 これによると、2003年の国内EIPソリューション市場規模は215億円。また、今後5年間は、年間平均成長率7.9%で成長し、2008年には314億円に達する見込みだ。

 大手企業では、膨大な情報資産の効果的な活用手段として、導入効果の高いEIPソリューションを積極的に採用する傾向が見られるという。

 「ソリューションベンダーは、EIP構築ノウハウの習得に加えて、ユーザー企業のビジネスプロセスに踏み込んだシステム計画を立案し、情報資産の共有と既存システム資産の有効活用が実現できるように継続的な支援を行う必要がある」と同社アナリストの梶田久司氏は分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.