ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月23日 08時24分 UPDATE

Oracle、PeopleSoftに再度受け入れ迫る

PeopleSoft株主の過半数から支持を得て勢いづくOracleは、PeopleSoft取締役会に向け、受け入れを迫る書簡を再度送付し、ポイズンピル取り下げを迫った。

[ITmedia]

 米PeopleSoft株主の過半数から支持を得たOracleは11月21日、PeopleSoft取締役会に宛てて、再度受け入れを迫る書簡を送付した。

 PeopleSoftは19日付の書簡で改めてOracle提案を拒否している。これに対して今回のOracleの書簡では、「最終提案が退けられたのはこれが2度目だが、今回は、貴社株主の61%近くが下した選択に背くものだ」と批判を強めた。

 その上で、PeopleSoftには1株24ドル以上の価値があるとする主張に反論。株主の60%以上が24ドルで持ち株売却に応じたことを繰り返し指摘し、「24ドルとPeopleSoftの代替プランとの間で選択を迫られた結果、株主は24ドルの方を選んだ」と強調。PeopleSoftはポイズンピルを直ちに取り下げ、株主が持ち株を売却できるように計らうべきだと迫っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.