ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年07月23日 07時41分 公開

DVRは2010年までに米国世帯の約半数に普及――JupiterResearch予想

JupiterResearchの予想では2010年までにDVR導入世帯が5500万に、HDTV導入世帯は7400万になるという。

[ITmedia]

 調査会社JupiterResearchが7月21日発表した予想によれば、米国のデジタルビデオレコーダー(DVR)導入世帯は2004年末の700万世帯から、2010年までに5500万世帯に増え、普及率は47%となる見通しだ。

 HD(高精細)TVモニタの導入世帯は2004年の1300万世帯から、2010年までに7400万世帯に拡大すると予想。HDTVサービスの受信世帯も昨年末の時点で400万を切っていたが、2010年までには6900万に増加を見込んでいる。

 「テレビ局、有料テレビ運営会社とも、HDTVに対する消費者の需要に確信が持てずにいる。HDTVの販売と配布にかかる真のコストをメリットと比較して測る論議は今でも陰で続いている。HDTV番組が7つの放送局合わせて1日に25時間しかないのはこのためであり、そのほぼ半分はPBS(全米公共テレビ放送網)経由で提供されている」。JupiterResearchのアナリスト、トッド・チャンコ氏はこう解説している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.