ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年02月02日 07時31分 公開

Time Warner増収増益、AOLは広告好調も減収

CATVや映画事業は好調だが、AOLは会員減少の影響で減収が続いている。

[ITmedia]

 米Time Warnerが2月1日発表した第4四半期(10〜12月期)決算は、CATVや映画事業の好調に支えられて増収増益となったが、America Online(AOL)部門は会員減少の影響で減収が続いている。

 Time Warner全体の売上高は前年同期比7%増の118億8700万ドル、純利益は13億6600万ドル(1株当たり29セント)となった。前年同期の利益は11億2700万ドル(同24セント)だった。

 AOLの売上高は8%減って20億ドル。12月31日現在の米国の会員数は、前年同期より280万人減って1950万人となっている。通期の売り上げは5%減の83億ドル。会費収入が10%減少したが、広告収入は33%増加した。特に広告付き検索が35%増と好調だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.