ITmedia NEWS >
速報
» 2006年03月07日 19時31分 UPDATE

スーパーコンピュータの光配線実現へ高速レーザー開発

[ITmedia]

 NECは3月7日、次世代スーパーコンピュータ内の光配線用光源として面発光レーザーを開発し、世界最速となる25Gbps/chの動作に成功したと発表した。

 従来の面発光レーザーと比べ2倍以上の伝送速度が可能になる。スーパーコンピュータ用LSIでは、2010年ごろに20Gbps以上の伝送速度が必要とされており、特にプロセッサ−メモリ間で生じるボトルネックを解決する手段になるとしている。

 スーパーコンピュータ用LSIの性能向上が進み、従来の電気信号では伝送が間に合わなくなりつつある。このため伝送信号を光化しで高速化する光インターコネクションが注目されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.