ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月15日 17時43分 公開

日立、PDP開発設計部門など統合

[ITmedia]

 日立製作所は6月15日、PDP子会社・富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)の開発設計、調達、管理の各部門を10月に日立本体に統合すると発表した。垂直統合効果を高め、FHPは製造に専念する。

 4月にはFHPの開発拠点を川崎市から横浜市に移転し、日立の薄型テレビ開発部門と同床化していた。今回の統合で組織体制を一元化し、パネルから最終製品まで事業の垂直統合効果を高める。またFHPは製造会社としてコスト・品質管理を徹底する。

 日立は薄型テレビ事業の回復を最優先課題に掲げている。今期のプラズマテレビ出荷見通しは、前期からほぼ倍増の100万台。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.