ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年07月08日 07時59分 UPDATE

「100ドルノートPCプロジェクトは順調」――推進者のネグロポンテ氏

子供1人にコンピュータ1台の普及を目指すプロジェクトは順調で、来年には何百万人もの子供にノートPCを手渡すことができそうだとネグロポンテ氏は語った。

[ITmedia]

 子供1人にコンピュータ1台の普及を目指す「One Laptop Per Child」プロジェクトの推進者、ニコラス・ネグロポンテ氏(米マサチューセッツ工科大学メディア研究所名誉会長)が7月6日、National Educational Computing Conference(NECC)で教育者を前に基調講演を行い、プロジェクトの進捗状況について説明した。

 基調講演でネグロポンテ氏は、プロジェクトは順調に進んでおり、来年には世界で何百万人もの子供にノートPCを手渡すことができそうだとの見通しを披露した。

 NECCでは、来場者のデモ用に初めて100ドルノートPCの試作品が披露された。このPCは消費電力2ワット以下で、電気がなくても人力で稼働できるといい、接続にはWi-Fiメッシュネットワークを利用できる。自然光でも人工の明かりでも見やすいデュアルモードディスプレイを搭載している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.