ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年07月25日 14時30分 公開

MS、ゲーム内インタラクティブ広告立ち上げ

先にMicrosoftが買収したMassiveが、インタラクティブなゲーム内広告を立ち上げた。最初の広告主はトヨタだ。

[ITmedia]

 米Microsoftの子会社Massiveは7月24日、インタラクティブなビデオゲーム内広告の立ち上げを発表した。広告主が新たな方法でプレイヤーの注意を引くことができるようにするという。

 これを最初に利用する広告主はトヨタの米国法人。Funcomのマルチプレイヤーオンラインゲーム(MMOG)「Anarchy Online」で、2007年モデルのYarisの広告キャンペーンを行う。例えば、プレイヤーがゲーム内の広告に触れると新型Yarisの画像が出てくるという。

 YarisキャンペーンはMassive Network上の複数のゲームで行われ、インタラクティブ広告のほか、Massiveの動的な2D広告やフルモーションビデオ・オーディオ広告も活用される。ゲーム内広告はトヨタの広告代理店Saatchi & Saatchiと共同で開発される。

 インタラクティブ広告はゲーム開発元の了解を得た場所にのみ表示され、ゲームプレイやゲームの機能、帯域の妨げにはならないとMicrosoftは説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.