ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2006年07月31日 17時56分 公開

インデックス子会社、動画配信ポータルに参入

インデックス子会社のネオ・インデックスが、PC向け動画配信ポータル「ミランカ」を先行オープン。VODサービスをISPなどに提供してきたノウハウを活用し、PCユーザー向けに直接配信する。

[ITmedia]

 インデックス・ホールディングス子会社のネオ・インデックスは7月31日、PC向け動画コンテンツ配信ポータル「ミランカ」を先行オープンした。ビデオオンデマンド(VOD)サービスをISPなどに提供してきたノウハウを活用し、PCユーザー向けに直接配信に乗り出す。

 映画・ドラマやアニメなどを専門に月額525〜840円(税込み)で配信する「チャンネル」とVOD、ダウンロード配信の3サービスで展開。10月1日に本格オープンを予定し、2007年8月期末に累計登録ユーザー200万人、売上高18億円を目指す。

photophoto

 同社は2001年設立。ハリウッドメジャースタジオ7社と配信契約を結び、セットトップボックス(STB)向けVODサービス「Nextensive」や、PC向けVOD「Nextensive for PC」を展開。ソニースタイルの動画配信ポータル「Moviesquare」などが採用している。

 新サービスは、同社が初めてユーザーに直接配信を行う動画ポータル。定額で見放題とした3つの専門チャンネルと、映画やドラマなど1作ごとに料金を支払うVODサービスに加え、映像をダウンロード購入してPCに保存可能な「EST」(Electronic Sell-Through)も行う。VODは新作が315〜420円(同)、ダウンロードは新作で2100〜3150円(同)など。

photo

 同様の動画配信サービスでは、USENの「GyaO」が完全無料をうたって会員1000万人以上を集めているが、収益性などで課題が多い。ネオ・インデックスは有料モデルで参入するが、「確立したビジネスモデルがあるとは思っていない」と、新規参入して試行錯誤をしながらPC向け動画配信の収益ベースを築いていきたい考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.