ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年09月21日 07時09分 公開

米SGIの再建計画承認、10月に再建完了見込み

米破産法11条の保護下で再建手続きを進めている米SGIの再建計画が、破産裁判所の承認を受けた。10月に再建を完了する見通し。

[ITmedia]

 米連邦破産法第11条(チャプター11)の適用を申請後、経営再建を進めている米SGIは9月19日、同社の債権計画がニューヨーク州南部地区の連邦破産裁判所の承認を受けたと発表した。2006年10月に再建を完了する見通し。

 SGIは2006年5月に破産法11条の適用を申請した当初から、半年以内の破産法保護下からの脱却を目指していた。

 SGIは再建完了に向け、金融機関から、8500万ドルのタームローンと3000万ドルの融資枠を確保したことも併せて発表。これらの資金は再建企業向け融資の返済に充てるほか、再建計画に基づいて配分し、事業の運転資金にも充てる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.