ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2006年09月21日 10時50分 公開

高まるネットの政治ニュースへの関心

政治や選挙に関連する情報をインターネットで入手する人が増えている。

[ITmedia]

 1日2600万人の米国民が、インターネットを使って政治に関するニュースや情報を入手している。Pew Internet and American Life Projectが9月20日に報告した。

 同団体の調査によると、8月に政治や米中間選挙に関する報道・情報をインターネットで入手した米国民は1日2600万人に上った。これは18歳以上の米インターネットユーザーの19%、同じく18歳以上の米国民の13%に当たり、2004年の米大統領選時の2100万人を超えている。

 前回の中間選挙と比べてみると、2002年7月に政治や選挙に関する報道・情報をインターネットで入手した米国民は1日約1100万人、オンラインユーザーの13%だった。

 報道機関や選挙運動、個人が提供するインターネットの政治関連コンテンツが魅力的になったことで、Webで政治情報にアクセスするユーザーが増えたのかもしれないとPewは述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.