ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月13日 17時38分 UPDATE

Yahoo!JAPAN、ユーザーの興味に合った広告配信 行動履歴から推測

Yahoo!JAPAN内で閲覧したサイトの内容や検索キーワードなどからユーザーを800のカテゴリーに分類し、興味に合った広告を配信する。

[ITmedia]

 ヤフーは2月13日、ユーザーの「Yahoo!JAPAN」内での行動履歴を収集・分析し、それに合った広告を配信する「行動ターゲティング広告ネットワーク」の販売を始めた。他社媒体も含めた大規模な広告配信ネットワークで、4月から配信を始める。

 ユーザーがYahoo!JAPAN内で閲覧したサイトの内容や検索キーワードなどをもとに、ユーザー興味・関心を約800に分類し、関連する広告を表示する(関連記事参照)。米Yahoo!の技術を日本向けにカスタマイズした。

 閲覧中の媒体の内容に関係なく、ユーザーが関心ある分野の広告が表示されるため、広告主は媒体をまたいで効果的な出稿ができるとしている。媒体側は、広告スペースを有効活用でき、収益の拡大につながるとしている。

 ユーザー参加型レシピサイト「COOKPAD」や、IT総合情報サイト「Impress Watch」「ITmedia」、ランキングサイト「ORICON STYLE」などがネットワークに参加しており、参加媒体は順次増やすとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.