ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年02月21日 07時46分 公開

米E*TRADE、海外市場へのオンラインアクセスサービスを発表

オンライン金融サービスのE*TRADEが発表した「Global Trading」では、米国一般投資家が海外市場の株式や為替をオンラインで売買できるようになる。

[ITmedia]

 オンライン金融サービスの米E*TRADE FINANCIALは2月20日、一般投資家などの米国のE*TRADEユーザーが、海外市場の株式や為替にオンラインでアクセスできる「Global Trading」プラットフォームを発表した。まず日本を含む主要6市場を対象に試験運用を開始。第2四半期に正式なサービスインとなる。

 Global Tradingでは、海外市場での株式売買や外国為替の保有および売買がオンラインでできるほか、各相場の動きや企業関連ニュースの確認、インデックスなどのチャートの閲覧、口座情報の管理なども可能。まずカナダ、フランス、ドイツ、香港、日本、英国の6市場を対象とし、将来的には42市場まで拡大する予定。当面は、主要6市場以外の市場へは、ブローカー経由でアクセスできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.