ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月01日 07時38分 UPDATE

Salesforce.com、金融業界向けアプリケーションを発表

Salesforceが、金融業界向けのCRMアプリ「Salesforce Wealth Management Edition」を第3四半期にリリースする。

[ITmedia]

 米Salesforce.comは2月27日、金融業界向けのCRMアプリケーション「Salesforce Wealth Management Edition」を発表した。同社のオンデマンドCRMサービスとApexプログラミング言語を基に開発されたもので、金融アドバイザーやブローカーなどが、クライアントの情報を包括的に一括管理できるようになっている。既に米Merrill Lynchが2万5000人に導入すると表明しているという。

 Wealth Management Editionには、クライアント情報の一括管理機能「Client 360」や、規制に沿った情報管理を支援する「Know Your Client」、チーム内でのスケジュール管理機能、クライアントの家族情報を管理する機能などが備えられている。また、Apexプラットフォームを使用して、データやアプリケーションの統合やカスタマイズも可能。さらに、Dow JonesやThomson Financialなどが提供するサービスとの統合も計画されている。

 Salesforce.comは、今後金融業界向け事業を強化する狙いで、Salesforce Wealth Management Editionに続き、銀行向けの「Salesforce Banking Edition」、「Salesforce Capital Markets Edition」、保険会社向けの「Salesforce Insurance Edition」、住宅金融業向けの「Salesforce Mortgage Edition」の投入を計画している。

 Salesforce Wealth Management Editionの料金は、1ユーザー当たり月額500ドル。2007年第3四半期に提供開始予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.