ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月09日 17時04分 UPDATE

2Gバイト内蔵メモリ サイバーショット「G1」

ソニーは、2Gバイトの大容量メモリを搭載したサイバーショット「DSC-G1」を4月6日に発売する。大型液晶とDLNA対応無線LAN機能も搭載し、お気に入り画像を貯めておけるアルバム的な使い方を提案する。

[ITmedia]

 ソニーは3月9日、2Gバイトの大容量メモリを搭載したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット DSC-G1」を4月6日に発売すると発表した。大型液晶ディスプレイや無線LAN機能も備え、「『見る』『見せる』楽しみを広げるデジタルアルバムカメラ」というコンセプトを掲げている。オープン価格で、実売予想価格は7万円前後。

photo

 640×480ピクセル(VGA)サイズなら最大約2万枚を本体に保存可能。メモリースティックPro Duoスロットも備えた。CCDは1/2.5インチ有効600万画素、レンズは35ミリフィルム換算で38〜114ミリの3倍ズーム(バリオテッサー)。

 撮影した画像とは別にVGAサイズの画像を本体内に自動的に記録し、撮影画像をPCに移した後でも本体で写真を楽しめる機能を備えた。背面には3.5インチ・230ppiの大型・高精細液晶ディスプレイを搭載。画像検索機能を充実させており、お気に入りの画像をアルバム的に持ち歩く用途を提案している。

photo

 IEEE 802.11b/g対応の無線LAN通信機能を内蔵。DLNAに対応し、テレビやVAIOなど別の対応機器で無線LANを経由して表示させることも可能だ。

 サイズは93.3(幅)×71.7(高さ)×25.3(奥行き)ミリ(再生時)、重さ約204グラム(撮影時約238グラム)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.