ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月09日 11時23分 UPDATE

DLNA対応のワイヤレスサイバーショット発表

ソニーの最新サイバーショット「DSC-G1」はDLNA規格に対応し、ほかの家電製品とワイヤレスでデータをやり取りできる。

[ITmedia]

 米Sony Electronicsは3月8日、同社初のDLNA規格対応ワイヤレスサイバーショット「DSC-G1」を発表した。

 DLNA規格は、メーカーや機種を問わずに家電やPCを有線・無線でホームネットワークに接続する技術。G1はこの規格に対応しており、無線LANを介してほかのDLNA対応製品とワイヤレスで写真をやり取りできる。またワイヤレスネットワークボタンの同時押しにより、最大4台のG1をWi-Fiで相互接続して写真を共有できる。

 G1は600万画素で、Carl Zeissの3倍光学ズームレンズ、3.5インチ液晶画面を搭載。2Gバイトのメモリを内蔵し、最大8GバイトのメモリースティックDuoおよびPRO Duoに対応する。手ブレ補正機能のSuper Steady Shotを備え、ISO 1000に対応する。音楽付きスライドショーを作成できる新機能も搭載されている。

 このほか同製品は自動画像管理システムを備えており、イベントごとに写真を整理したり、キーワードやラベルで写真を検索できる。写っている顔の数で写真を検索したり、写真を1枚選択して、同じ色合いや似た構図の写真を探すことも可能だ。

 G1は4月に出荷開始される予定で、価格は約600ドル。

ah_dscg1.jpg

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.