ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年06月29日 13時41分 公開

iPhoneのSafariはRSSリーダー搭載?

Appleサイトに一時掲載されていたiPhoneの画像には、RSSリストと思われる画面のスクリーンショットが。

[Daniel Drew Turner,eWEEK]
eWEEK

 AppleはiPhone用のSafariでRSSアプリケーションを提供する模様だ。Apple公式サイトの新しいページを閲覧したユーザーが発見した。このページには当初、iPhone上のRSSリストと思われる画面のスクリーンショットが掲載されていたという。しかし現在では、メイン画面を表示したiPhoneの画像に置き換えられている。

 iPhoneは米国で6月29日に発売される。初期のレビューでは、iPhoneに搭載されているSafariはデスクトップ版のSafariと違い、RSSリーダーが内蔵されていないと伝えられていた。

 RSSフォーマットはここ数年で人気が上昇している。ブログからCNNなどの大手サイトまで、RSSフィードを使って新着記事やニュースを読者に「プッシュ」式で提供している。

 Marketcircle(本社カナダ)のアリカーン・ジェサCEOは、同社が無償提供しているiPhoneのWebシミュレータ「iPhoney」でRSSページを閲覧してみた。iPhoneyは、自分のWebページがiPhoneでどう表示されるかを確認できるWebデザイナー向けツール。

 ジェサ氏によると、iPhoneyで見るとページには何も表示されなかった。しかしこれは単純に、Appleが同サービスを有効にしていないだけかもしれないと同氏は言う。

 iPhoneyはユニバーサルバイナリのCocoaアプリケーションで、Objective-Cで書かれている。「当社のエンジニアが楽しいプロジェクトとして手掛けており、かつて当社を助けてくれたコミュニティーに恩返ししたい」とジェサ氏。

 Marketcircleが28日に発表したiPhoneyのアップデート版には、Flashなどのプラグインをすべて無効にできる機能が加わり、iPhoneを使ったWeb閲覧に一層近付いている。また、変更可能なユーザーエージェント、iPhoneのズーム機能に似せたWebページのスケール機能も追加された。iPhoney 1.1はオープンソース化され、SourceForgeから入手可能。

 Appleからのコメントは得られなかった。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.