ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2007年07月23日 16時25分 公開

斜め撮影の画像も歪み補正 富士通研が新技術

富士通研究所は、デジカメで斜めから撮影した画像の歪みを高速に補正する新技術を開発した。文字列や漢字の縦棒などの歪みを解析することで、紙面の輪郭が写っていなくても補正できる。

[ITmedia]

 富士通研究所は、デジタルカメラで斜めから撮影した画像の歪みを高速に補正する新技術を、中国の富士通研究開発中心と共同で開発した。文字列や漢字の縦棒、下線部などの歪みを解析することで、紙面の輪郭が写っていなくても補正できるようにした。

 従来技術は、いびつな四角形として写っている紙面の輪郭を長方形化することで補正していたが、新技術は、輪郭補正に加え、文書内の文字列や漢字の縦棒、下線部、表などを解析し、それらが平行に整列するように補整するため、文書全体が写っていなくても補正できる。

画像 従来の技術。紙面の輪郭から、歪んでいる方向と角度を示す水平・垂直消失点を求め、消失点に向かう直線を平行にすることで歪みを補正していた
画像 新技術は、整列している文字の並び方向などを検出して補正する

 補正具合を段階的に計算し、十分に補正できた段階で補正を終了。必要最低限の補正に抑えることで処理を高速化し、デジカメなどの組み込み機器にも搭載できる水準にした。Pentium 4/2.6GHz搭載のPCなら100万画素の画像を0.1秒で補正できるという。

 コンパクトデジカメなどへの搭載を目指して開発を進める。

関連キーワード

デジカメ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.