ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2007年08月09日 19時55分 公開

いい旅チャレンジ列島縦断8日間、列車の旅 JR7社が共同企画

民営化20周年を迎えたのを記念し、JR7社が共同で「華麗なる列車の旅」を企画。各社自慢の列車に乗り、7泊8日で列島を縦断する。

[ITmedia]
photo 「北から南へ」コース

 JR7社が民営化20周年を迎えたのを記念し、日本列島を8日間で縦断するスペシャルツアーを7社共同で企画し、行程を特設サイトで公開した。8月10日からネットとはがきで参加申し込みを受け付ける。

 寝台列車「夢空間・北斗星」「トワイライトエクスプレス」や、新幹線、特急列車など、JR各社が誇る列車を用意。出発時と到着時のイベントに加え、主要駅では駅長が出迎えるという特別仕様のツアー。料金は大人2人1組で80万円から100万円と、こちらも“特別”。2コースで各40組(80人)の限定だ。

 コースは、札幌発−鹿児島着の「北から南へ」(10月21〜28日)、長崎発−札幌着の「南から北へ」(10月27日〜11月3日)。

 「北から南へ」では、札幌を夢空間・北斗星で出発し、酒田(山形県)などを経て、越後湯沢(新潟県)で「はくたか」8号に乗り富山へ。ここでキハ85系(ワイドビュー車両)に乗り換え、下呂温泉(岐阜県)1泊を経て京都に到着。「のぞみ」(N700系)で岡山に向かい、トワイライトエクスプレスで松山に。バスでしまなみ海道や尾道(広島県)を観光し、福山からトワイライトエクスプレスで長崎に着き、フェリーなどを経て新八代(熊本県)から九州新幹線で鹿児島中央駅に到着する──という7泊8日の列島縦断の旅になっている。

 申し込み受け付けはネットかはがきのみ。締め切りは8月31日。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.