ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年08月11日 07時22分 UPDATE

Motorola、NFL用のコミュニケーションギアをリニューアル

今シーズンから、監督のヘッドギアは薄型・軽量に、QBがサイドラインで使う「旧式」電話も、数十年ぶりに進化する。

[ITmedia]

 シーズン開幕を前に、米NFL(ナショナルフットボールリーグ)と米Motorolaは8月10日、試合用のコミュニケーションギアのリニューアルを発表した。

 NFLの試合では、監督や、ブースから試合を分析するコーチ、チームの要であるQB(クオーターバック)が、情報交換やプレーの指示に、Motorola製のヘッドセットや電話などを使用している。

 今回のリニューアルは、MotorolaとNFLが、関係者からの要望を取り入れながら、1年半をかけて行ったもの。監督が着用するヘッドセットは軽量・薄型になり、人間工学的にも進化した。Motorolaがこの夏投入する新型携帯「RAZR2」を思わせるデザインを採用。従来の「かぶる」スタイルに加え、帽子と併用できるスタイルのものも追加したという。サイドラインには、数十年にわたり使われてきた「電話台」に代わり、「Sideline Communication Center」が登場する。従来、各チームは7〜15台の電話機をテーブルに設置していたが、Sideline Communication Centerでは、移動可能なゴルフカート式のケースに、16台の電話機を設置した。

 新しいギアは、今週末のプレシーズンの試合から使用される。

関連キーワード

Motorola


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.