ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年09月26日 17時27分 UPDATE

薄さ1.9センチの32V型液晶テレビ 日立がCEATECに出展

シャープの“超薄型”液晶テレビよりも1ミリ薄い――日立製作所は薄さ1.9センチの32V型液晶テレビ試作機を「CEATEC」で展示する。

[ITmedia]

 日立製作所は9月26日、薄さ1.9センチの32V型液晶テレビ試作機を「CEATEC JAPAN 2007」(10月2日から、千葉・幕張メッセ)で展示すると発表した。量産は2009年以降になる予定だ。

 1280×768ピクセル(WXGA)表示に対応した最薄部1.9センチ、最厚部2.5センチの液晶テレビで、チューナーは外付け。壁掛けテレビとして利用できる。

 同社の薄型テレビは32V型までを液晶、それ以上をプラズマで生産している。「薄型テレビ市場では大型化競争が起きているが、大型テレビはリビング向け。子ども部屋や寝室向けの2台目需要に、32V型以下の中・小型のニーズが高まるだろう」(同社広報部)と見て32V型での展示を決めたという。

 薄型の液晶テレビでは、シャープが8月に薄さ2センチの52V型液晶テレビ試作機を発表している(関連記事参照)

画像 CEATECの日立ブースイメージ

関連キーワード

液晶テレビ | CEATEC | 日立製作所 | 次世代


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.