ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年12月14日 08時39分 公開

Facebook、プラットフォームをほかのSNSにも公開

ほかのSNS用アプリの開発にFacebookのプラットフォームが使えるようになる。GoogleのOpenSocialに対抗する動きだ。

[ITmedia]

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の米Facebookは12月13日、アプリケーション開発プラットフォーム「Facebook Platform」のアーキテクチャを公開すると発表した。これにより、ほかのSNSでもFacebookで人気のアプリケーションを容易に利用できるようになる。Facebookは「ほかのSNSにFacebook Platformをモデルとして使ってもらうことで、利便性を共有できる」としている。

 Facebookは、2006年にFacebook PlatformのAPIを開発者に公開、2007年5月には専用マークアップ言語を公開するなど、外部開発者によるFacebook用アプリケーションの開発を推進してきた。

 今回の発表はこうした「オープン化」をさらに一歩進めたもので、FacebookはほかのSNSのプラットフォームに対し、Facebook Platformのツールやタグのライセンス供与も行うという。

 Facebookは、Googleが提唱するSNS用共通API「OpenSocial」には参加していない。

関連キーワード

Facebook | SNS | API | OpenSocial | オープンソース


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.