ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年05月19日 17時02分 UPDATE

「AQUOS史上最高画質」の最上位シリーズも シャープ、テレビ22機種・BDレコ3機種発表

シャープがAQUOSシリーズの新製品22機種を発表。「AQUOS史上最高画質」という最上位「Rシリーズ」などをそろえ、夏の五輪商戦に臨む。

[ITmedia]

 シャープは5月19日、液晶テレビ「AQUOS」シリーズの新製品22機種を発表した。「AQUOS史上最高画質」という最上位シリーズなどをそろえ、既に発売済みの機種と合わせてフルラインアップで夏の五輪商戦に臨む。

photo 「AQUOS史上最高画質」というRシリーズ

 7月1日に発売する最上位の「Rシリーズ」は、65V型、52V型、46V型の3サイズ。各サイズでブラックカラーとブラウンカラーを用意し、合計6機種を販売する。

 国内の液晶フルHDテレビとしては初というコントラスト比3300:1の新パネルを採用。その上で、映像シーンごとにバックライトと開口量を最適化することで、テレビセットとして表現できる「テレビコントラスト」比を2万:1に高めたという。

 さらに各色12ビット相当の階調に拡張する独自アルゴリズムによる滑らかなグラデーション、肌色補正機能、倍速技術などと組み合わせ、「AQUOS史上最高画質」と同社が胸を張るほどの高画質を実現した。

 ネットに接続し、リモコンからの簡単な操作でオーナー用サイト「AQUOS.jp」に接続する。ヤフーによる「Yahoo!JAPAN for AQUOS」や、雑誌の“立ち読み”サービス「DoTV デジ×マガ」などをリビングで利用できる。

 メイン薄型テレビの購入は2回目という「目の肥えた」買い換えユーザーなどがターゲット。オープン価格で、実売予想価格は65V型が98万円前後、52V型が58万円前後、46V型が53万円前後。

 このほか、リビングのメインテレビ向け「Gシリーズ」7機種(56V〜26V、6月1日発売)と、パーソナルな2台目需要向けの「Dシリーズ」9機種(42V、37V、32V、7月10日発売)、Blu-ray Disc&HDDレコーダーの新製品3機種(7月1日発売)を投入する。

 都内で開いた発表会で、松本雅史副社長は「AQUOSは5シリーズ42機種のフルラインアップが夏商戦に向けてそろった。勝算はある」と自信を見せた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.