ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年09月04日 07時00分 公開

エプソン、高速化・2ラインLED光源採用の新6400dpiスキャナ

エプソンのスキャナ新製品「GT-X820」は、LED光源を2本搭載することで、スキャン速度の高速化や原稿の影を低減することができるという。

[ITmedia]
photo カラリオプリンタとデザインを合わせた

 セイコーエプソンは、個人向けスキャナの新製品「GT-X820」を9月10日に発売する。オープン価格で、エプソンダイレクト販売価格は2万9980円。

 6400dpi・A4サイズ対応のフラットベッドスキャナ。白色LED光源を2本搭載し、反射原稿のスキャン時に光量を大幅に増やすことで、読み取り速度はL判で5秒、A4原稿で6秒(それぞれ300dpi時)と、従来機種「GT-X770」に比べ約2倍に高速化したという。

 2本の光源を活用し、フォトスキャン機能を強化。1回の読み取りで、2本の光源を交互に点灯させて2つの画像を取得し、比較することで画像上のほこりやきずの検知精度を高め、補正効果を高めたという。ブローニーフィルムホルダーを改良し、読み取り範囲を最大6×22センチに拡大。複数コマの同時スキャンが可能だ。

 2本の光源で2方向から原稿を照射するため、原稿のしわや折り目による影を低減できるという。モノクロスキャン時に画像と文字をそれぞれはっきりと取り込める機能など、ドキュメントスキャン機能も拡充した。

 インタフェースはUSB2.0。サイズは280(幅)×485(奥行き)×118(高さ)ミリ、重さ約4.1キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.