ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年09月10日 17時04分 公開

「ライカM9」登場 初のフルサイズレンジファインダー

フルサイズCCDを搭載したM9が登場。Mマウントレンズをそのままの画角で使える。

[ITmedia]

 ライカカメラジャパンは9月10日、レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM9」を10月下旬に発売すると発表した。レンジファインダー式としては初めてフルサイズCCDを搭載したのが特徴。価格は77万7000円。

photo

 Mマウント対応レンジファインダーの最新型。APS-HサイズだったM8/8.2からセンサーを大型化し、Mマウントレンズをそのままの画角で利用できる。

 有効1800万画素のフルサイズCCDは米Kodakが開発した専用で、ローパスフィルターは「Mレンズの高い解像力をフル活用できるようにする配慮から」あえて採用を見送った。

 サイズは139(幅)×80(高さ)×37(奥行き)ミリと、フルサイズセンサー搭載デジカメとしては世界最小だとしている。ファインダー倍率は0.68倍。有効基線長は47.1ミリ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.